アウトドア好きパパと自然が苦手なママの人生いろいろ育児ブログ

アウトドア派VSインドア派。相対する趣味を持つ夫婦の育児ブログ。たまに人生について考える。

私が感じた、自然陣痛と計画分娩の違い!第三子を無事に出産しました!

先月末に、第三子を無事に出産しました!

次男はなんと!!

自然に陣痛が来ての自然分娩でした。

上2人は計画分娩だったので

初めて自宅で陣痛を感じて病院でお産となりました。

 

 

お産の経過やどのように出産に臨んだのか、

ということは今回はちょっと置いておいて、

計画分娩(陣痛促進剤を投与&破水させてお産)と

自然分娩の

痛みやお産の進み方の違いなど(私の感じたこと)を

書きます!

 

これから出産方法を選ぼうとされている方や

自然分娩の予定で不安を抱かれている方などの

参考になれば嬉しいです!!

 

 

自然な陣痛は微弱な痛みから始まる。促進剤は、決まった強さの痛みが決まったタイミングで最初から来る。

自然な陣痛はとても弱いものから始まりました。

 

私はお産の前日の夜中2時頃、

強めの生理痛で目が覚めてしまいました。

陣痛なのかと不安になりましたが

眠気が勝って再び眠って。

 

起きた後は生理痛が規則的に起こり

午前中だんだん強まった後で

徐々に落ち着き午後には無くなってしまいました。

前駆陣痛ってもっと短いものなのかと思っていましたが

意外にも半日続いて焦ってしまいました。

きっと短いこともあるのでしょうけれど

私は半日も続く前駆陣痛を経験したということですね。

 

翌日は朝起きてすぐくらいから

前日よりも強い生理痛を感じていて、

間隔も短く3秒とか 笑!!

 

おかしすぎるな〜、と思いながら

娘の幼稚園のバス送りをしますが

お腹痛すぎて

いつものように息子を抱っこして歩けませんでした。

12kgの息子を抱っこできないくらいの生理痛です!!

 

その後は徐々に痛みが増して

痛みの波が来ると立っていられず

椅子に座って痛みが去るのを待つ感じでした。

でも、痛みのピークが来るまでは

歩けるし家事もできる程度です。

私は洗濯物干せたしお皿も洗ったし

歩いて産院へ行きました。

でも、息子を抱っこできませんでした。

 

産院へ着いた時点で子宮口7cm。

よく歩いて来たね、

と助産師さんやいろんな人に言われました。

 

私としてはそんなにお産が進んでいたとは

思えなくて、

痛みのピーク以外は歩けたし

落ち着いていろいろ判断もできたから

陣痛って耐えられるレベルなのか、

なんて感じましたが、

 

よく考えれば

重いもの持てないし

ピーク時は座らないといられない。

息子も気合だけでは抱っこできない。

これは立派につらい陣痛だったのかもしれません!

歩いて来たけど無理したのかもしれないです。

 

そして陣痛室で2時間くらい徐々に痛みが増して

ついに来ましたよ、あの激痛が笑!!!

私は声出ちゃうタイプなのですが、

呻き声が自然と出ちゃう笑。。。

痛くて動けなくなるしね。

 

9cmから全開までは痛いです、普通に笑!

支えられないと歩けないし

お腹が潰れそうですよね〜笑。

 

長くなりましたが、

 

自然陣痛だと

強めの生理痛から始まり

徐々に痛みが増していきました。

間隔も最初は不規則。

これは私の場合、

短い間隔だったのが

だんだんと痛くない時が増えて間隔が開いていき

そのうち規則的な波みたいになって

痛みが押し寄せてくる時と引く時が

わかるようになっていきました。

間隔が長めの時もあれば短めの時もある。

痛みがすごーくキツい時もあれば

ちょっと優しい痛みの時もある。

 

 

促進剤の場合、

投与されるお薬の量と

子宮収縮のレベルは決まっていますから

薬を増やせば痛みが強くなります。

それも、決まった強さの痛みが

薬を増やしてしばらくすると急に

ズン!!ときて続いていきます。

 

それを繰り返して

破水させた後の痛みにつながっていきます。

 

陣痛の波も間隔は均等で、

波が押したり引いたりするタイミングが

はっきりわかります。

痛みも波もハッキリしていて分かりやすく

容赦なく一定のリズムで進んでいく感じです笑。

 

 

自然陣痛はいきむタイミングが難しかった!!

 

私が1番、自然陣痛と促進剤とで違いを感じたのは

いきむ時です!

 

最後のいきむ時、

今回はタイミングがわかりづらくて

なかなかうまく力を入れられませんでした。

 

赤ちゃんのタイミングと自分の呼吸を合わせよう

 

とすごく思って、

本当に一生懸命に気持ちを集中して

赤ちゃんを産み出そうとしました。

 

私は今回、

赤ちゃんのタイミングとなかなか合わなくて

今だ!!という陣痛の波を3回くらい逃しました。

それでも最後は息を合わせることができて

きちんと産んであげられたので

私が赤ちゃんに合わせたぞ!!みたいな

ママが、産んだんだ、というような

そんな気持ちがとても強く残りました。

 

促進剤だと波が一定でわかりやすいので

赤ちゃんに、というよりは

陣痛の痛みに合わせていきむ感じになって

そのタイミングを逃すことは

あまりないのではないかと思います。

 

私は上2人の時はタイミングなんて考えず、

たぶん陣痛に合わせていきんだので

タイミング逃さずにいきんで産めたんだと思います。

 

自然陣痛でも促進剤でも

一生懸命、陣痛に耐えて

最後は力いっぱい愛情こめて産んだのですが

自然陣痛の方が、

より心と体の全てをフル稼働して

赤ちゃんを産むことに向き合った感じがしています。

 

さいごに

痛みとタイミングについて

まとめてみましたが

3度出産を経験して

出産方法によっていろいろ違いがあるんだなと

驚きました。

 

いいわるいではなくて、

いろいろ特徴があるので

おもしろいなと感じます。

 

人によって陣痛の感じ方や進み方は違うし

表現方法も違いますが

私の体験もその一つなので

ご参考になったらいいな、と思います!