アウトドア好きパパと自然が苦手なママの人生いろいろ育児ブログ

アウトドア派VSインドア派。相対する趣味を持つ夫婦の育児ブログ。たまに人生について考える。

子供がいると蒸気式の加湿器を出すのが怖い。我が家は洗濯物を室内干しして加湿しています。

冬って乾燥しますよね。

のど痛くなるしお肌も乾燥するし

いいことないですよね。

 

我が家は加湿効果が高いという理由で

蒸気式の加湿器を一つ持っています。

しかし子供が小さいので

運転中に子供が加湿器で遊んで倒して火傷したり

水をザバッとこぼしてそこら中が水浸しになったり

様々なトラブルを想像するだけで恐ろしいです。

なのでせっかく買ったのに

息子が歩けるようになってからの2年間は

加湿器を使っていません。

 

去年も今年も洗濯物加湿です(笑)。

我が家の洗濯物加湿はどんな様子なのか

ご紹介したいと思います。

 

 

加湿器は子供にとって危ない!

蒸気式の加湿器は

シュンシュン言って加湿してくれている間

熱い蒸気が出ていますし

機械自体も熱いですし

中には熱湯がたっぷり入っていますから

倒したりしたら大やけどですよね。

 

倒さなくても蒸気に手をかざしたり

顔を蒸気に当ててしまったりしたら

火傷してしまいます。

 

コードを抜き差しするイタズラや

コードにひっかかって転んだりそれに伴い

加湿器を倒して火傷する、など

危険がいっぱいです。

 

置く場所によてはそのような危険を

避けることができるのかもしれませんが

我が家は加湿器を置きたい場所が

ちょうど子供の手の届きやすい位置なので

加湿器を運転するのは心配すぎて

いくら乾燥対策をしたいとは言っても

置くことができません。

 

いろいろ考えた末にたどり着いたのは洗濯物を乾かすこと!

加湿の方法についていろいろ調べてみた結果

蒸気シュンシュンか、自然に水分を蒸発させて部屋を加湿するか

のどちらかしか基本的に方法はなさそうでした。

 

冬は外に洗濯物干してもなかなか乾かなかったりするし

室内が乾燥しているなら部屋干しでもいいかな、と

思いました。

部屋の中はちょっと片付かないけれど

洗濯物を干してみることにしました。

 

 

実際に部屋干し加湿した感想

実際にやってみると、外で乾かすよりも部屋干しの方が

洗濯物がカラッと乾くので生乾きがなくなりました!

バスタオルやバスマットは

部屋の乾きやすい場所に干すことで

けっこう早く乾くのでカビ臭さとかも無いです!

もちろん洋服もカビ臭くないです!

外で干して生乾きだと結局は部屋に干すか浴室乾燥か

しなければならないのですが

最初から部屋干しなので二度手間にならず楽です。

 

さらに部屋は適度に加湿されているようです!

のどが痛い、とか

私のお肌がひきつるような感覚もなく

子供たちの肌もカサついたりしていないので

これは洗濯物がちゃんと加湿してくれている証拠なんだと思います!

 

室内が適度に加湿されていることは

壁紙の傷みを防ぐことにつながるらしく

そういう面でもメリットがあるかなと思っています。

 

洗濯ものが乾けば洗濯機を好きなタイミングで回して

干せば加湿&乾燥ができるので

冬の洗濯物問題も一緒に解決できてしまいます。

子供たちの洋服もたくさん洗えて

計画的に服を回転させることができるので

「乾かない時用の予備」的にお洋服を買わずに済みました。

 

そして、予想していなかったことなのですが、

子供たちが洗濯物を干すのを手伝ってくれることがあります。

時々、ですが子供ハンガーに自分たちの洋服をかけて

干してくれるんです。

ママがやっているので自分もやってみたいのでしょうね!

子供の手の届く場所に干しているので

自分たちで干してくれます。

一緒に洗濯物を干すの、ママはとっても嬉しいです!

 

まとめ

蒸気式の加湿器は効果がありますが

小さな子供がいる家庭にとっては

火傷などの心配が大きいです。

 

洗濯物を部屋干しするという、

カビのにおいや生乾きを連想させる方法ですが

意外にもカラット乾いて部屋は加湿出来て

いいことがいっぱいの加湿方法でした!

 

部屋が洗濯物だらけになってしまって

ちょっとごちゃとしてしまいますが

子供が小さいうちは

これでもいいのかな、なんて

私は思っています。

 

小さなお子さんをお持ちの方で

冬場の空気の乾燥が気になる方は

洗濯物加湿、ぜひお試しくださいね~!