アウトドア好きパパと自然が苦手なママの人生いろいろ育児ブログ

アウトドア派VSインドア派。相対する趣味を持つ夫婦の育児ブログ。たまに人生について考える。

ヘルパンギーナと夏風邪に同時にかかったっぽい娘と夏風邪もらった息子の2週間の看病記録

先週一週間、

4歳の娘がヘルパンギーナにかかったと思ったら

その後40度近い高熱がずっと続き、発熱から熱が出なくなるまで

1週間かかりました。

 

そうかと思ったら案の定、

2歳になる息子に夏風邪が移ったようで

今日で発熱から1週間、午前中いっぱいで

ようやく熱がおさまり元気が戻りました。

一安心です・・・。

 

2人以上子供がいると

どうしても風邪や病気を移しあいっこしてしまいますよね。

我が家のこの2週間の看病記録と

平日3人で過ごす時に工夫していたことを

まとめたいと思います。

 

 

 

先週月曜日早朝、娘が急に39度を超える発熱

母親というのは不思議だなと思うのですが

なぜか早朝2時くらいになんとなく目が覚めて

娘を見てみるとなんだか様子がおかしいと感じ、

体を触ってみるとめちゃくちゃ熱い!!!

 

これはおかしいと思って熱を測ってみたら39.5度くらいありました。

その時は解熱剤とか持っていなかったので

薬なしで頑張ってもらいましたが

次の日病院へ。

私はたまたま仕事があったのですが旦那さんがお休みだったので

旦那さんに娘の病院をお願いしました。

息子は義両親にみていてもらったみたいです。

 

病院へ行った結果、ヘルパンギーナとのこと。

熱が下がって元気があれば幼稚園は行っていいと言われましたが

次の日も元気がなく微熱があったので

幼稚園はお休みしました。

その日は夕方から急に熱が上がって

夜中は40度近くまで行ったので

解熱剤を飲ませて体を休ませました。

 

それから一週間、、、

発熱から2日目、熱は下がりましたが

元気が無いので幼稚園は休ませました。

私は仕事だったので義両親に娘と息子を預けて出勤。

帰宅してみると

娘はまた39度台の熱が出ていました。

 

お昼ご飯は私の作ったお弁当を完食したものの

夕ご飯は数口しか食べず。

そのままぐったりしてきてしまい、

ご飯は切り上げて

布団敷いたりお風呂準備したり

歯磨きしたりしながら

大急ぎでばたばたと片づけて

子供2人を寝かしつけました。

 

娘は夜中39度台の熱がずっと続いて。

 

翌朝は38度台。

心配なので

もう一度病院へ連れて行くと

ヘルパンギーナはおさまったようだけど、今度は夏風邪

とのこと。

 

最近、急に40度近い熱が出て2、3日続いて落ち着く、

という夏風邪がすごく流行っているとのこと。

娘もその夏風邪にかかったっぽく。

しばらく様子を見てください、と解熱剤を処方されました。

 

娘はお家に着いてからもぐったりしていて

本当に元気がなく熱もあったので解熱剤を飲ませて寝かせました。

 

その後は日中38度台、夜に39度台、というのが4日くらい続いて

ぐったりしてきて辛そうな時だけ解熱剤を飲ませて

なんとか熱が上がらなくなるまで

頑張りました。

熱の他の症状は

食欲不振、元気が無い、のどや口の中の痛み、咳、鼻水

でした。痰が絡んで夜は辛そうだったので

処方された薬を飲ませて、

あとは鼻をかませたりしていました。

 

熱がある間はのどが痛かったり食欲なかったりで

ほとんど水とリンゴジュースしか飲めなくて

ほっそりと痩せてしまって・・・。

ご飯が食べられるようになったのは

熱が下がってから2日後くらいから。

やせちゃったな、というのが無くなってきたのは

熱が下がってから5日後くらいです。

 

熱が下がって2日目からは

幼稚園でも楽しく過ごし

もとのわがままで元気で可愛い娘に戻りました(笑)。

 

 

息子に移った・・・

 娘の体調回復を喜んでいるのも束の間。

 娘復活の次の日に、案の定、息子が夕方から発熱。

39.9度くらい、急に出ました。

夜中には40.1度になってしまい、

焦って以前処方されていた解熱剤を飲ませ

38度台に落ち着かせてひとまず寝かせました。

 

次の日、私が病院へ。

お姉ちゃんと同じ夏風邪だと思うよ、

とのことで、解熱剤と鼻水・痰の薬を貰って。

 

その日から息子は高熱・食欲不振・咳・鼻水と共に

すごく不機嫌になって、

昼間は常に「抱っこして~」と大泣き。。。

 

辛くて歩けなかったみたいで

とにかく抱っこで家中を歩けと大騒ぎでした(笑)。

寝かせてほしかったみたいです。

私もそれがわかったので

朝は娘を幼稚園に送り出してから

息子にはテレビを見てもらったり

申し訳ないけれど大泣きしながら待っていてもらい、

家事完了と同時にずっと抱っこしてあげていました。

 

お家の中だけではストレスたまるかな、と思って

近所のコンビニまで抱っこでお散歩したり

とにかく一日中抱っこでした。

 

午前中はずっと抱っこと38台の発熱。

夕方からは40度の高熱とぐったり。

夜中は体調が悪くてか何度か起きてギャン泣き・・・。

お水飲む、とか抱っこ、とか

いろいろな理由で大泣き大騒ぎで

本当に大変でした。

 

赤ちゃん返りやイヤイヤ期も重なってか、

本当に大泣き大騒ぎで

心配やら不安やら疲れるやら寝不足やらで

私は限界間近。

そんな今日の午前中、最後の大暴れが発生して

昼寝して起きた息子はわりとご機嫌!!

お熱無し!食欲少し戻った!

 

私も息子と一緒に1時間半くらい寝落ちてお昼寝して

私も体調回復!!

 

ようやく私の看病ウィークが終わりを迎えたのでした。

 

体調不良の子供のお世話中に工夫したこと

私がいつも子供の看病の時に気を付けてることは

 

  • 無理に食べさせない
  • 無理に起こさない
  • 無理に昼寝させない
  • 薬を飲ませ過ぎない
  • 好きな物・吐かないものなら何でも食べさせる

 

です。

食欲無い時に少しでもいいから、と

無理に食べさせません。

 

寝ているときは起きるまで時間に関係なく、起こしません。

 

昼寝をしたくない、遊びたい、というなら

無理に昼寝をさせず夜にたっぷり眠れるように

静かに遊ばせてあげます。

 

お薬は処方された分を必ず飲む、ではなく

子供の様子を見て

必要な時に必要なお薬を飲ませるようにする。

 

ジュースでもアイスでもお菓子でもなんでも、

子供が食べたいというものは何でも上げます。

「具合悪い時だけ特別だよ!」と伝えて

特別にあげます。それで少しでも嬉しい気持ちになったり

糖分摂取してエネルギー補給になるのであれば

それは必要なことかなと思っています。

 

 

あと、私自身が体が丈夫な方で

具合の悪い人に寄り添っていない行動をとってしまいがちなので

本当に優しく、優しく、接するように気をつけています。

 

 

2週間の看病を終えて

今回は2人を育てていて初めて

高熱がなかなか下がらない、という風邪に直面しました。

毎日ほんとうに心配で辛かったです。

子供が心配で夜ぐっすり眠れなかったり

息子のギャン泣きに何度も起こされて対応したりで

睡眠不足が思っていた以上にきつかった・・・。

 

毎日ぐったりして元気のない子供達を見ていてい

健康でいることは本当に幸せなことだ、と感じてしまいました。

 

2人が元気になったので

私もとても嬉しく明るい気持ちです!

明日から息子はご飯を食べられるようになるかな。

無理させないように

もうしばらくは様子を見ていこうとお思います。

 

2週間、子供にも自分にも

お疲れ様、と言いたいです(笑)。