栄光のエクソダス 二児のパパになった三十路クライマーのブログ

紆余曲折を経て二児のパパになった三十路クライマーの育児ブログ

梅雨にも負けず。タープ張ってBBQ強行。雨続きで湿気った気分をぶっ飛ばそう。ポールとロープでタープ編

今日は晴れてますが、このところ雨ばっかりで心も体もカビそうです。

子供たちはそれが特に顕著で、ストレスのあまり夜驚症を発動させたりとそれはもう大変な騒ぎですよ。。

そんな湿気を吹き飛ばすべくBBQを計画。小雨なら雨天決行!そう、タープがあればね!

計画時の週間予報では予定日と前後雨マークで雨女の妹を睨みつけてやりましたが、当日は曇り時々雨☂️。これは決行でしょ!

f:id:Breakoutdoor:20190629111604j:plain

雨のBBQ必需品

雨天決行するという強い意志

万一の雨に対応できる準備

  • タープ

 

雨天決行するという強い意志

実はこれが一番重要でした。計画してから実行するまでの一週間何度も意志が挫けそうになりました。

えっ雨予報だよ!BBQやるの?頭までカビ生えたの?

 

近しい人からの当然の指摘。

ごもっともです。

がしかし!タープがあれば通り雨程度であれば悠々自適にBBQできちゃうんです。

内緒ですが、当日まで実は何度か諦めそうになりました。

ずっと雨予報が変わらないから。

強い意志は天をも貫き?当日は見事に曇り時々雨!

万が一の雨への備え

タープ

タープとは防水性のある一枚布でテントのように天上に張ることで雨をしのいだり直射日光を防いでくれたりします。

私の購入したのはアライテントのビバークタープLサイズ。

広げると3.6mx2.9mととても大きく6人くらいなら余裕でカバーできます。

そしてたたむと非常にコンパクトになり重量もわずか650gと軽くて携帯性抜群!

このサイズと軽量性ならツェルトとして登山でも使用できるところもgood!

f:id:Breakoutdoor:20190626125308j:plain
f:id:Breakoutdoor:20190626125320j:plain
大きさの割には驚くほどコンパクトにそして軽い

タープの張り方

アライテントのビバークタープには予めロープが四隅に付いており、都合良く四方に樹木があればタープと四隅のロープだけで設置ができてしまいます。

樹木が無ければ追加で下記のツールが別途必要です。

  • ポール
  • ロープ
  • ペグ
  • ハンマー

ポール?ペグ?と聞くと少々億劫に感じるかもしれませんが、やってみると簡単です。

ポール:タープを支える支柱の一つ。樹木の代わり。

木と違いポールは自立しません。

ただのつっかえ棒です。

なのでロープとペグを使って倒れないようにポールを固定しないと使えません。

ペグ: デカい釘。地面に突き刺しロープを固定するアンカー。

f:id:Breakoutdoor:20190626125331j:plain
f:id:Breakoutdoor:20190626125417j:plain
2点は樹木と家の柱に固定できた。他には適当な樹木も無く、ポールを立てて固定。

今回はタープ四隅のうち2つは家と木で固定できたので、ポールはその反対方向に突っ張る形で建て、ロープとペグで固定します。

ペグはロープと垂直になるように地面に打ち込み、一つのポールに対して二つ以上ロープを張る事で風による揺れに強くなります。

ポール無しで固定できるのが一番楽なんだけどね。

因みにアライのビバークタープにはポールは付いていません。別売りです。

f:id:Breakoutdoor:20190626125832j:plain
f:id:Breakoutdoor:20190626125428j:plain
ポールの先端にタープの端を引っ掛ける→突っ張って固定

写真のポールはLOGOSのプッシュアップポール。長さが調節できて、丈夫で、軽く、コンパクトになり、しかも安い。

スノーピークのポールは高級感がありカッコいいですが、3倍も金額差があるのならポールはLOGOSで充分かなと。背に腹ですよ(T . T)

タープを貼る際のロープワーク

タープを固定する際にロープを使います。

ペグに結びつけたり木に巻き付けたりとロープワーク/結び方を覚えて置くと非常に便利です。

普段使う結び方って、ちょうちょ結びと固結びくらいですよね?

ちょうちょ結びは解けやすいし、固結びは解け難いという特徴がありますが、世の中には解けて欲しい時だけ解けるという魔法の結び方が存在します。

今回使用したのは代表的なロープワーク、もやい結びと自在結びです。

自在結び

f:id:Breakoutdoor:20190626125438j:plain

自在結びは結んだ後に張り具合を調整できる非常に便利な結び方です。

テントやタープを張る際に使います。

もやい結び

f:id:Breakoutdoor:20190626125259j:plain

もやい結びはロープワークの王様と言われていて最もポピュラーは結び方の一つです。

ロープ先端に輪っかを作るときに重宝します。

張力に対して非常に強く自然に解けることはありません。しかし解くときは簡単に解けます。

こんな感じです。

みんなでポールを立てる。

みんなでタープで張る。

みんなでBBQの用意をする。

BBQのたのしさの秘訣はみんなで協力しt食事の楽しさに尽きると思います。

お洒落なレストランでランチも楽しいですが、こういうのも楽しいですよ!

本日のブログではBBQまで進まずタープを張って終わってしまいましたが、次回に続かせてください!!!

ARAI TENT(アライテント) ビバークタープ L(ポール別売)

ARAI TENT(アライテント) ビバークタープ L(ポール別売)

 
スノーピーク(snow peak) ペグ ソリッドステーク30(6本セット) R-103-1

スノーピーク(snow peak) ペグ ソリッドステーク30(6本セット) R-103-1