アウトドア好きパパと自然が苦手なママの人生いろいろ育児ブログ

アウトドア派VSインドア派。相対する趣味を持つ夫婦の育児ブログ。たまに人生について考える。

究極の裸足感覚サンダル。XEROSHOES GENESIS/ゼロシューズジェネシス

究極の裸足シューズと言っても過言ではないでしょう。

オシャレで実用的な裸足感覚シューズはとても希少。

XEROSHOESに出会った時は思わず衝動買いしてしまいました。

 

XEROSHOES GENESISの第一印象: ミニマル過ぎて不安しかない

まさに薄皮一枚。

アスファルトをこれで歩くことができるのか?怪我しないか?走れるのか?

その薄すぎるソールには不安しか感じませんでしたが、意外と丈夫。大丈夫👌

砂利道だって歩けます。

それでいて地面の凹凸が足裏に伝わってきて気持ちいい。

微細な凹凸も感じられる

いつも履いているスニーカーでは感じることのできないほど微細な地表の質感ですら感じることができます。

例えば同じ平面でもアスファルトと大理石などツルツルな表面では全く感じ方が変わります。

道路にペイントされている止まれの文字さえも明確に感じます!

この裸足感覚が癖になってしまい、気付けば

XEROSHOESしか履かない毎日。

散歩も思わず遠回りしたくなる。そんなシューズです。

f:id:Breakoutdoor:20190519204435j:plain

 

Xeroshoes GENESIS購入の動機

母指球を故障し厚くかつ柔らかいソールの靴を履けなくなってしまいました。

今まではかかとの痛みの治療の一環でゼロドロップシューズを採用し、見事に改善されました。

しかしその柔らかく厚いソールが母指球を痛める原因になってしまいました。

 

我が家では高反発のマットレスを使用していますが、マットレスの上を歩いたところ親指に激痛が走りました。

床を裸足で歩くのは平気なのに高反発マットレス上は全然ダメ。

私のゼロドロップシューズはゼロドロップだがソールは分厚くクッション性も高い。

かかとの痛みには効いてもつま先には強負荷が掛かっていた事が分かりました。

愛用のALTRA TORINは泣く泣く封印することに。。

今までありがとう。

そしてビブラムファイブフィンガーズも主役に浮上

ビブラムのファイブフィンガーズは文字の如く五本指シューズ。

ソールは薄く指は5本に分かれています。

五本指ソックスにソールを貼り付けた感じのユニークなシューズです。

ゼロドロップでミッドフット走法→ベアフットランニングへシフトするために購入しました。

ALTRA TORIN が脱落した結果、トップに浮上してきたファイブフィンガーズ、これからはXEROSHOES と共に主役を張ってもらいます。

私がシューズに求めている要素

  • ゼロドロップ
  • 薄いソール
  • 裸足感覚

ビブラム ファイブフィンガーズは全てに合致した、理想のシューズに思えました。

が、思わぬ弱点があります。

それは見た目です。

f:id:Breakoutdoor:20190119074102j:plain
f:id:Breakoutdoor:20181230152645j:plain
あまりにも異質な外観。通勤にはハードルが高いか。。

あまりにも異質なそのビジュアルは利用シーンを選びます。

豪胆じゃない私にとって普段履きするには些かハードルが高いようです。

一度だけファイブフィンガーズを履いて通勤しましたが、かなり恥ずかしかったのでそれっきり履いて通勤していません。

私生活でも勇気を振り絞ってファイブフィンガーズを履いて子供達を連れて近所の公園に行ったり、

清水の舞台から飛び降りる思いでファミレスにも行きました。

しかし!

しかし時には安寧の思いで外出したいじゃないですか!

そんな時に出会ったのがXEROSHOES。

一見只のお洒落サンダルですが効果は絶大です。

XEROSHOES GENESISはオシャレ

f:id:Breakoutdoor:20190519200537j:plain
f:id:Breakoutdoor:20190519200525j:plain
XEROSHOES。青い鼻緒にぺらっぺらのソール。星はデザインではなく娘がシールを貼りました。。

ソールのあまりの薄さに思わず大丈夫かよ!ってツッコミを入れてしまいます。

確かに薄いですが、非常に丈夫にできています。

歩行距離も5000マイルも保証されています。

ホントかよ!

5000マイル=8000キロメートル

1万歩で8キロメートル換算すると一千万歩歩ける計算になります!

1日1万歩歩くとして約三年履けます!

f:id:Breakoutdoor:20190519200446j:plain
f:id:Breakoutdoor:20190519200841j:plain
シンプルだが吸い付くように履ける。

f:id:Breakoutdoor:20190602201228j:plain

裏側。鼻緒部分が丁寧に止められているが、これで5000マイル耐えられるのか?

携帯性が抜群

ペラッペラなソールのおかげで、丸めてポイができます。

嵩張らず軽い為、バックパックの隙間に忍ばせることが可能です。

旅行でも登山でも気軽に持ち運べる便利な奴ですが、間違ってもXEROSHOES で登山はオススメしません。

所詮はサンダル。しかも極小のプロテクション。

つま先を岩にぶつけて爪が割れたらしまったら即アウトです。

最悪しばらくは下山できないでしょう。

あくまでもXEROSHOES はサンダルです。

周りに障害物のない安全な場所で履くものです。

f:id:Breakoutdoor:20190602201238j:plain

丸めて輪ゴムで留めればOK。この携帯性の良さは特筆すべき。

これはリピート購入確定

まだ履き始めてから数ヶ月しか経っていないですが、休みの時はほぼ毎日履いています。

この開放感と足裏感覚がたまりません!

車のドライブも

近所の散歩も

ショッピングモールも

全てXEROSHOES GENESIS。

山登りとか遠出して遊びに行くときはスニーカー

(そのうちビブラムのファイブフィンガーズに移行予定)

ですが、必ずXEROSHOES GENESISも持っていきます!

特筆すべきはこの携帯性の良さ!

そして価格も有名どころのルナサンダルよりも格段に安い!

いうことなしにリピート確定です。

www.takeabreakoutdoor.com

www.takeabreakoutdoor.com

www.takeabreakoutdoor.com

www.takeabreakoutdoor.com

www.takeabreakoutdoor.com