栄光のエクソダス 二児のパパになった三十路クライマーのブログ

紆余曲折を経て二児のパパになった三十路クライマーの育児ブログ

元皇族別邸の蕎麦屋、さわ田茶屋。懐石あり、個室あり、子連れあり。

今世紀最大のイベントであった生前退位。

ホットワードである皇族にあやかって、元皇族のある人物の別邸を改築したお蕎麦屋さん、さわ田茶屋を紹介します。

その人物とは東久邇宮稔彦殿下。(ひがしくにのみやなるひこでんか)

彼は知る人ぞ知る日本憲政史上唯一の皇族内閣を敷き、

敗戦後混乱した日本国内を立て直そうと奮闘した御仁です。

GHQの内政干渉に抵抗する為にわずか54日間で総辞職してしまった為、

東久邇宮内閣が記憶に残っていない方も多いかもしれません。

そして首相辞職後は皇族離脱したため東久邇宮家は皇族ではなくなってしまいました。

さわ田茶屋はそんな東久邇宮殿下の別邸です。

錦鯉が泳ぐ日本庭園、書院造りの床の間で食べる手打ち蕎麦は別格です。

しかし実際のさわ田茶屋はそんな重々しい雰囲気ではなく、

子連れが気軽に楽しむこともできる居心地の良い蕎麦屋。

ランチでは鍋焼きうどんが人気のようです。

今回は蕎麦と言えば日本酒という事で、蕎麦懐石をご馳走になりました。

f:id:Breakoutdoor:20190504202236j:plain
f:id:Breakoutdoor:20190504201109j:plain
さわ田茶屋。入母屋造りの雰囲気有る家屋
f:id:Breakoutdoor:20190504200929j:plain
f:id:Breakoutdoor:20190504200847j:plain
さわ田茶屋 書院造の二階からは庭の錦鯉が見えます。

さわ田茶屋には予約制の個室があります。

今回は奇跡的に二階の個室が空いていました。

一階の個室は利用したことが無い為どんな感じなのかは分かりませんが、

子連れには二階がおすすめでしょう。

二階にはこの掛け軸が掛かっている書院造の個室一室しかなく、

ある程度子供が騒いでも他のお客さんの迷惑になりません。

大きな窓からは錦鯉が見えるため、あまり退屈もしません。

お店からも子供用のおもちゃを頂きました。

こんなに平穏無事に外食が楽しめたのはいつぶりでしょうか。

個人的に胃腸炎で天ぷらやお酒が楽しめなかったのは悔やまれますが、

懐石料理も一品一品丁寧に作られており、品出しの時間間隔も程よかったです。

普段は焼き肉を会合で選んでしまい、黙々と肉を食べ終わったら解散すると言う本来の目的である懇親が蔑ろにされていました。

今回のチョイスは大満足です。ありがとう義弟よ。

f:id:Breakoutdoor:20190504200919j:plain
f:id:Breakoutdoor:20190504200906j:plain
蒸し鶏の前菜とジャガイモの冷静スープ

両方とも大変おいしかったのですが、半分以上は息子に食べられてしまいました。

ジャガイモの冷静スープに関してはグビグビと飲み干されました。。

f:id:Breakoutdoor:20190504201047j:plain
f:id:Breakoutdoor:20190504201028j:plain
ホタルイカ、筑前煮、蕎麦味噌、鯛の煮凝りとお刺身

左上のホタルイカは見た目が怖かったようで、息子に取られることなくゆっくりと味わう事が出来ましたが、青い船に乗っている一口サイズの料理は争奪戦でした。

一品一品味わいたい方は子供は連れてこない方が良いでしょう。

f:id:Breakoutdoor:20190504200857j:plain
f:id:Breakoutdoor:20190504202321j:plain
さわ田茶屋 肉料理は鯛と筍のみそ焼きとローストビーフ

鯛と筍の味噌焼きは絶品でした。

筍の歯応えとジューシー感、鯛のたんぱくさと味噌の香ばしさが絶妙でした。

これほど日本酒が飲めない体を悔やむことは無かったです。

ローストビーフも言うことなし。

うまいが薄い、肉がたったの3枚。

いつもなら物足りない量ですが、胃腸の調子が悪い私は1枚しか食べられませんでした。

泣く泣く義弟くんに食べてもらいました。

奇しくも他メンバーも胃腸炎のため、数少ない健常者である義弟くんに大量のローストビーフが集中、本人はご満悦でした。

漬物も本来の野菜の甘みが感じられ口直しに最高。

f:id:Breakoutdoor:20190504202302j:plain

締めのお蕎麦。

桜海老のかき揚げには海老塩を振って食べます。

桜海老の芳ばしい香りがたまらず食欲を刺激する。

胃腸炎が食欲に負けて一欠片だけかき揚げを食しました。うまい。

言うまでもなく大量のかき揚げも義弟くんの腹に納まりました。。

彼曰く、こんなにうまいかき揚げならあと10枚は食えるそうです。

手打ち蕎麦も喉越しが良くあっという間になくなってしまいました。

f:id:Breakoutdoor:20190504202247j:plain

デザートも手作り。

オレンジのジュレ、紫芋の練り菓子、イチゴです。

どれもサッパリしていて胃もたれすることなく楽しむことができました。

しかしそのほとんどが息子に食べられたのは言うまでもありません。。

f:id:Breakoutdoor:20190504201038j:plain

鍋焼きうどんは普通の鍋焼きうどんでした。

やはりさわ田茶屋に来たのであればお蕎麦系のランチを食べるか、もしくは記念日であれば懐石と日本酒を注文しましょう。

趣がある外観とは裏腹に、内装は割とカジュアルです。

待合席には子供用の絵本が置いてあったりと、

個人的には子連れに向いていると感じました。

場所が少し辺鄙なところにあるので頻繁には通えませんが、何かの記念日の際には次回も必ず利用しようと思いました。

手打蕎麦・地酒・懐石料理|さわ田茶家 公式サイト