栄光のエクソダス 二児のパパになった三十路クライマーのブログ

紆余曲折を経て二児のパパになった三十路クライマーの育児ブログ

中途転職で職種チェンジはリスクを伴う。営業職から脱出は可能なのか?人生を賭けてチャレンジします。

現在営業職の脱出をリアルタイムで試みています。

ストレスでバレット食道を発症した事で、

私にとっての営業職は我慢できる範疇外であることを認識しました。

定年まで持ちこたえることも思案した時期もありましたが、身体が持たなかったら無意味です。

このまま少しづつ病状が進行して行くのを黙認出来るほどMでもない。

娘の晴れ姿を見たい。

転職するなら早い方がいい。

数ある選択肢の中から異業種・他職種への転職を選択しました。

より現実的なプランである社内転職や他者営業職を選択しない理由は下記です。

  • 社内での受け皿が配送部門しかない
  • 他社に移っても営業職の根幹は変わらない

しかし30代からの職種チェンジはベリーハード。

中途の未経験者を採るという行為自体がいささか合理的でないのです。

f:id:Breakoutdoor:20181215224641p:plain

 

未経験募集の罠

職種チェンジを受け入れる企業、つまり未経験歓迎を掲げる企業に応募するのは相応のリスクを伴います。

中途採用は即戦力が前提の採用だからです。

未経験社歓迎と即戦力は対極と言っていいでしょう。

にも関わらず中途採用で未経験者を募集するのですからそれなりの裏事情があります。

事業拡大のため人材確保が急務

急成長中で猫の手も借りたい

よく急募と書かれている求人がありますがこれが該当します。

至極真っ当な理由です。安心して応募できますね。

定着率が悪いため年中募集

もちろん求人票には定着率が悪いためとは絶対に記載されません。

年代別社員構成を調べてみると良いでしょう。

新人がいなくて、一番の若手が10年選手とか危険な香りがします。

若手が育たない就労環境である可能性が高いです。

中途で職種チェンジは20代まで

中途採用で未経験者歓迎の求人ではせいぜい20代が限界でしょう。

それ以降は年を重ねるほどに不利になっていきます。

企業は社歴の長い社員を育成したいもの。

少しでも若い新人を取りたいのは明白です。

私は三十路もいいところですが手遅れでないことを信じて活動を再開しました。

書類選考通過は2割未満

今までの転職経験上、書類選考が通るのは7、8社に1社。2割に満たない確率です。

しかし今回私が応募するのは1社のみ。

複数社応募すると、妥協して本当はあまり受けたくない企業もどうしても含んでしまいます。

しかも大概書類選考に通るのはその妥協した企業。。

敢えて一社のみに絞る本命特化型職務経歴書

従って今回本命一社専用に、年齢のハンデを覆すような熱い職務経歴書を作成中。

無謀なのは承知です。

落ちた時の落胆もさぞかし大きなことでしょう。

しかしやるだけの価値はあると思います。

一般的に職務経歴書には自己PRのスペースがあまりありません。

理由は職務の経歴がメインでありA42枚に収めるという制限があるからです。

しかし他の応募者と差別化するにはやはり自己PRでしょう。

特に三十路で職種チェンジのハンデを背負っている私のような転職者には職務経歴書の自己PRこそが勝負どころでしょう。

今まさに製作中のため、例文を載せる事が出来ず残念です。

こんな事してたら7社同時に応募するとかはっきり言って不可能です。

量より質か、質より量か。

一社特化は私自身も初めての経験です。

結果がどうだったかお伝えしたいのは山々ですが、もし数週間経っても続きが更新されなければ、察してやって下さい。

通過したら更新します。苦笑

www.takeabreakoutdoor.com

www.takeabreakoutdoor.com

www.takeabreakoutdoor.com

www.takeabreakoutdoor.com