栄光のエクソダス 二児のパパになった三十路クライマーのブログ

紆余曲折を経て二児のパパになった三十路クライマーの育児ブログ

敏感肌や乾燥肌にはメリノウールのアンダーウェアを。火傷を負った私の過敏な肌はもはやメリノアンダーしか受け付けない。

私の肌は空前絶後の敏感肌です。

特に冬の寒く乾燥した時期になると

カサカサを通り越してヒビ割れたりします。

実は背中と肩に火傷を負って皮膚移植手術を経験しています。

火傷するとその部分の汗腺が無くなる為、汗をかけません。

通常ならば汗腺から汗と適度な油分が皮膚に供給されるのでジンワリと保湿されますが、

それが無くなり乾燥してヒビ割れします。

更に術後にケロイド状態になりました。

当時みみず腫れした肌は触れるだけで痛く、直接触れる下着選びにはとても苦心しました。

メリノウールアンダーウェアは肌のコンディショナー

そんなスーパー乾燥肌・敏感肌の私がたどり着いたアンダーウェアはメリノウール。

昔は肌着と言えばコットン。綿がほとんどでした。

混紡技術が進むと化繊が台頭し、市場を圧巻します。

しかしウールは昔からあったはずですがあまり肌着市場には出回りませんでした。

繊維が大きくゴワゴワして肌着には向いていたかったた為です。

しかし近年着目されたメリノ地方でとれるウールはとても細かく細く、

紡いだ繊維はコットンの如く柔らかく心地よい肌触りです。

ウールの性能も肌着としてはコットンと化繊の良いとこ取り。

理想の肌着素材と言っても過言ではありません。

化繊、コットンは一長一短

化繊アンダーは速乾性に優れている為夏場は大活躍します。

汗をかいてもすぐに乾く為常にサラサラな状態をキープできるのが最大の利点。

しかしその利点も冬場の乾燥した季節ではマイナスに。

肌を乾燥させ過ぎてカサカサにさせます。

超絶乾燥肌の私の背中はひび割れを起こしてしまいます。

 

そんな時のコットン。

コットンは吸水性と保水性が良いため、湿気を逃がさず肌を保湿してくれます。

肌触りも良いため、就寝時のアンダーとして最適です。

しかし日中はその保湿性が仇となります。

なかなか乾かないのでいつまでも濡れたまんまです。

冬でも満員電車に乗れば大量の汗をかきますよね?

コットンは水離れが悪いため、いつまでたっても濡れたままです。

社内ならエアコンも聞いているでしょうから良いでしょう。

しかし寒空の下濡れた服を着てれば汗冷えして風邪をひきますよ!

 

メリノウールのアンダー肌に優しい

 

乾燥させ過ぎず肌が潤う

肌着の為にあるような素材。それがメリノウールです。

コットンの様にビショビショにならない

化繊の様に乾燥させ過ぎない

適度に保湿してくれる

メリノアンダーに変えてからは皮膚がひび割れることはなくなりました。

タンパク質由来の為肌に優しい

羊の毛は主にタンパク質からできています。

髪の毛が全身に生えたようなものなのでしょう。

一番自然に近い素材なんですね!羊が羨ましい。

ちなみに化繊は石油からできています。

メリノアンダーは肌に優しいだけじゃない

天然の消臭効果

ウールの繊維構造はバクテリアが住み辛い形状をしています。

臭いのもとは実は体臭ではありません。

汗を食したバクテリアの排泄物が臭っています。

ウールにはバクテリアが定着し辛いため臭わない。

冬は暖かく、夏は涼しい

 一見矛盾する機能を併せ持つウール。

しかし実際着てみれば分かりますが本当です。まるで着るエアコン。

冬場はその独特な縮れた繊維構造がデッドエアを作ることで

外部の寒気を遮断。断熱効果で暖かい。

一方夏場はかいた汗を程よく吸着し、程よく気化させる。

そうです気化冷却。

化繊程速乾性はありませんが、十分な、程よい清涼感。

汗で湿ってもサラサラ

あのコットンシャツを着て汗をかいた時のびしょびしょ感が無いです。

確かに湿っているんですよ?しかしサラサラしていてあの不快感がありません。

そして湿っても体温を保つのはウールの特性の1つ。

コットンシャツを着て汗をかくと中々乾かずに汗冷えしてしまいます。

ウールは湿っていても体温が下がり辛いようにうまく機能します。

登山では、遭難時下着がウールかコットンかで生死を分ける

そういわれているくらいです。

選ぶときはストレッチが利くものを

ストレッチが利くアンダーはそれだけで肌に優しいです。

万歳したり大きく動いた時、ストレッチ性がないとその分大きく肌と擦れます。

摩擦が繰り返されることで肌へのダメージは蓄積されます。

アウトドアブランドのメリノアンダーは肌触りが良く、丈夫でしかもストレッチが利いている良品が多いです。

肌着なのでタグも首元に付いていないのも嬉しい配慮。

数々のメリノアンダーを試してきた私ですが、現在一番気に入っているものをご紹介します。

モンベル・スーパーメリノウールLW

f:id:Breakoutdoor:20181231070213j:plain
f:id:Breakoutdoor:20181231070203j:plain
コスパ最強のメリノウールアンダー

コスパ最強のアンダーです。

モンベル自体がコスパの良いアウトドアブランドですが、メリノアンダーは群を抜いてコスパが良いです。

不満は全くなく、価格も他ブランドのメリノアンダーの半額以下!!

これ以外のアンダーを選択する余地がありません。

LW(ライトウェイト)で薄手の為、夏場も着れます。

色も目立たず半袖の為、半袖のワイシャツの下に着て通勤も可能です。

さらに、ウールの特性の天然の消臭効果の為、朝から通勤ラッシュで汗だくになっても一日中臭いません!

f:id:Breakoutdoor:20181231130742j:plain
f:id:Breakoutdoor:20181231130719j:plain
ワイシャツに合わせやすいVネックもあります。こちらもすごいストレッチ。
(モンベル) mont-bell スーパーメリノウール L.W.Tシャツ Men's 1107262 BK ブラック L

(モンベル) mont-bell スーパーメリノウール L.W.Tシャツ Men's 1107262 BK ブラック L

 

ストレッチ性も申し分なし。ボルダリングしても不快感ゼロ!

まるで裸で登っているようです。

肌触りも良く、皮膚への負担は最小限と言ってもよいでしょう。

初めてメリノアンダーを着た時はさすがに若干のチクチク感はありました。

しかし慣れてしまうと全く感じません。

火傷後もいい感じに保湿されて毎年恒例だった真冬のひび割れが見事になくなりました!

着心地が良すぎて私のアンダーウェアは全てモンベルのスーパーメリノウールに入れ替わりました。

モンベル・スーパーメリノウールMW

f:id:Breakoutdoor:20181231070032j:plain
f:id:Breakoutdoor:20181231070222j:plain
モンベル・スーパーメリノウールMW

MW(ミッドウェイト)は中厚手のメリノアンダー。

冬はこちらを着用しています。これ一枚着るだけで体感気温が全然違います。

これのもう一段上にスーパーメリノウールEXP(エクスペディション)というモデルがありますが、こちらは厚手で分厚すぎてワイシャツの下には着れません。完全な山用です。


【★限定数量★キャンセル分販売★】モンベル (mont-bell)  スーパーメリノウール LW ライトウエイト ラウンドネックシャツ 紳士用

アークテリクス・サトロAR

こちらは最高品質のメリノアンダー。お値段も最高級。

f:id:Breakoutdoor:20181231070053j:plain
f:id:Breakoutdoor:20181231070043j:plain
アークテリクス・サトロAR

アークテリクス・サトロARは混紡素材です。

メリノウール81%、ナイロン12%、ポリウレタン7%

化繊の一本一本にメリノウールがコイル状に巻き付けられた特殊構造をしています。

そうする事で肌に触れる部分は常にウールなので、

従来のウールの特性である肌触り、消臭効果、保温性、保湿性を損なわずに、

ウールの唯一の弱点であった”脆さ”をも克服しました。

誤解がないように言っておきますが、モンベルのスーパーメリノウールも丈夫です。

もう三年も着ていますが、未だに寄れたりしません。

メロウステッチ

アークテリクスというブランドは細部にとても配慮があり人々を虜にします。

f:id:Breakoutdoor:20181231070053j:plain

メロウステッチシーム アークテリクス・サトロAR

見えづらいですが、シーム(生地と生地の繋ぎ目)に特殊な裁縫が施されており、

肌に当たった時に異物感を感じさせないです。

超絶敏感肌の私には最高の配慮。

ARC'TERYX アークテリクス SATORO AR CREW LS MEN'S サトロ AR S ARCHIPELAGO

ARC'TERYX アークテリクス SATORO AR CREW LS MEN'S サトロ AR S ARCHIPELAGO

 

ウール+化繊の混紡素材は万能ではない

化繊の混紡率が上がれば上がるほど耐久性能は増しますが、

化繊の悪いところも出てくるため注意が必要です。

一度ウールが50%以下の混紡アンダーを愛用していましたが、

ある時から石油のようなカビた様な嫌な臭いが抜けなくなり

もったいないですが捨てた事があります。

私の管理が悪かったのかもしれませんが。。

購入するときは注意しましょう。

www.takeabreakoutdoor.com