栄光のエクソダス 二児のパパになった三十路クライマーのブログ

紆余曲折を経て二児のパパになった三十路クライマーの育児ブログ

営業職から脱出できるのか?二児の父最期の転職胎動

やはり私には商社営業があってない

  • 右から左に流すだけの商品に愛着が持てない
  • 未来永劫上がっていくノルマ
  • 口八丁で金額を釣り上げる罪悪感

営業は売上目標達成してないと人扱いされません。

未達が続くと地方や配送部門へ流されます。

達成しても目標額は上がり青天井。

営業会社だからしょうがない、しかしストレスも青天井。

f:id:Breakoutdoor:20190130230522p:plain

 

社内転職は?

営業から脱出して配送部門へ移動すればノルマによるストレスは軽減されるでしょう。

しかし定年まで寒くて暗い倉庫で作業したいですか?

腰を痛めたらそこで終了ですよ?

他部門もしっかりしている大企業や優良中小企業であれば話は変わってくると思います。

社内転職が一番現実的で堅実的なプランでしょう。

そうでなければ。。。転職しかないでしょう。

ホワイト企業の営業職は?

ホワイト企業の営業職なら可能性はあるでしょう。

経験したことはないですが、きっと営業ストレスも少なくなるはず。

しかし営業職の本懐はどの会社でもきっと変わらないのではないでしょうか?

似たような悩みに翻弄されてもう一回転職、、とはいきませんね。

業種転換の転職がベストか?

このまま気持ちを噛み殺して営業を続けて

仕事の不満を家で愚痴ったり、ショボくれた後ろ姿を見せて子供を育てたくない。

このままではストレスに侵蝕され、

暗くて友達もいないそんな人生。

お仕事って楽しいんだよ!労働って素晴らしいんだよ!

胸を張って伝えたい。

人生の半分は仕事でできている。だから好きな仕事を

人生で仕事に費やしている時間は膨大です。

24時間中6時間睡眠したと仮定、

通勤時間込みで12時間を仕事に費やす。

すると残りはたったの6時間。

1週間の社畜時間:

12時間x5日間=60時間

1週間の自由時間:

6時間x5日間+週末=約66時間

家庭があればそちらに時間を費やすでしょうから、真の自由時間はもっと少ないです。

この仕事に費やしている時間を有意義に使う事が人生を謳歌する秘訣ではないでしょうか?

やりたくない仕事に携わったならば、まさに人生の半分を無駄にしているわけです。

だったらなんで営業職を選んだの?

自分の事なんだからわかってた事なんじゃないの?

そう問われるとぐうの音も出ません。

前職も営業職でしたが、ブラック過ぎて営業が自分に合っているいない以前の問題でした。

会社を変えたら改善されるのではないか?

そんな儚い希望を抱いたのです。

加えて、年収を落としてまで業種転換するほど経済力に余裕がありませんでした。

子供が乳児だった為共働きは当面不可。

年収のステップアップが急務でした。

しかしブラック企業から抜け出して普通の人間の会社に入社した時、改めて営業職への嫌悪感が浮き彫りになりました。

リスクを冒してまで転職すべきなのか?

現在は経済的にも安定している。

土日もしっかり休める。

これほど良い就労環境がかつてあったでしょうか?

それを捨てて転職リスクを冒すほどの事態なのか?

自問自答する度に転職の機会を先送りにして自分の気持ちを見て見ぬ振りをしてきました。これからもきっとそうなのでしょう。

自分の幸せも考えていいのか?

転職に失敗したら自業自得、では済まされないのが家庭持ちです。

しかし優しい妻は

家族で幸せになりたい。

そう言ってくれます。

私一人が辛そうに仕事をしているのは嫌だと。

今は授乳も終わり、上の子も幼稚園へ行く。

パートの時間が増やせるし、10月からは幼稚園無償化も始まる。

年収が落ちても食べて行ける環境が見えてきた。

だから次の転職は自分がやりたい仕事を探してもいいんだよ!

今まで家族のために身を削ってお金を稼いできてくれてありがとうね! 

なんていい妻なのでしょう。本心で言ってるのが伝わってきます。

妻の言葉に甘えて幸せな転職を目指そうか、迷いどころです。

次こそは妥協しない転職を

以前とは違い急務ではありません。

ジックリと腰を据えて本当に良さそうな職が出てきた時のみ活動するのも可能です。

上の子が幼稚園に行くまでまだ少々時間があります。それまでは何だかんだで新しいことに手を付ける余裕はない。

職務経歴書、自己PR、志望動機の練度を上げて万全の態勢で臨みます。

 

www.takeabreakoutdoor.com

www.takeabreakoutdoor.com

www.takeabreakoutdoor.com