栄光のエクソダス 二児のパパになった三十路クライマーのブログ

紆余曲折を経て二児のパパになった三十路クライマーの育児ブログ

滲み出るオープンハンド縛りの効果。故障前よりムーブがうまくなったかも。故障してもボルダリングは辞められない。

今までもオープンハンドは意識していましたが、長続きはしませんでした、

一番の要因は楽しくない事。

やはりボルダリングは自分のレベルより少し上の課題に挑戦するくらいが一番面白い。

達成感もあるし、仲間とのチャレンジ共有もできます。

あそこはマッチすべきじゃない?

トゥフックして振れを止めた方がゴール安定しそう

など意見を出し合ってあの手この手を一緒に考えるのも醍醐味です。

オープンハンドで縛ると登力が2級程落ちるので、

上記の様な難しい課題にみんなで挑戦!みたいな楽しさは無くなります。

そんな理由でオープンハンド縛りは早々に止めにして、

カチ・ピンチ力でガツガツ登っていたのですが、

遂にやってしまいました、指の故障。

布団を持ち上げただけで痛みが走ります。

人間ピンチにならないと努力はしないものです。

指が痛み出してからは私のボルダリングは趣味ではなく修行に変わりました。

しかし修行の成果は如実に現れ始めています。

オープンハンド縛りの効果

オープンハンド縛りの効果
  • 指に負担が掛かり辛い
  • 指が健やかに強くなる
  • 重心移動がうまくなる
  • 壁に張り付く力が向上する

指に負担が掛かり辛い

何といってもオープンハンド縛りをする最大のメリットはこれでしょう。

指が痛み出したりしなければ、好んでオープンハンドで登るような苦行者はいないと思います。

オープンハンドと他の持ち方との違いは指に力が入っていない事。

だらっと力を抜いて、ホールドにただ引っ掛けるだけ。

指に力が入っていないため、腱や関節に必要以上の負荷がかかりません。

f:id:Breakoutdoor:20180811005037j:plain
f:id:Breakoutdoor:20180811005028j:plain
f:id:Breakoutdoor:20180811005222j:plain
左から、オープンハンド、カチ、ピンチ

写真で見比べると分かりやすいですね。

向かって左がオープンハンドですが、

真ん中のカチ持ちは見るからに指関節と腱に負荷が掛かっています。

右のピンチはカチほど負荷は少ないですが、

課題によっては写真のホールドの大きさの半分以下を保持する必要があり指を酷使します。

指が健やかに強くなる

カチメインで練習した方が指の腱や関節は強くなりますが、十中八九痛みを伴います。

場合によっては腫れ上がり底知れない痛みと不安に悩まされることになります。

先日ご一緒した初段の方曰く、

痛みは通り越して痛くなくなるよ!!

とおっしゃっていましたが、

痛くないに越したことはありません

オープンハンドは一番指に負担のかからないホールディング。

オープンハンドで地道に鍛え上げていく事でカチやピンチに耐えうる指を手に入れることが出来るでしょう。

初段の方曰く、

オープンハンド主体で登り、状況によってカチ持ちとの使い分けが理想だね

オープンハンドが自然体になる様に頑張ります。 

重心移動がうまくなる

ホールドは毎回上からぶら下がれるとは限りません。

下の写真の様な縦長のホールドは上から引っ掛けられないので

写真の様にピンチで持つのが普通です。

f:id:Breakoutdoor:20180811005222j:plain

ピンチ持ち

しかしオープンハンド縛りの場合はこのようなホールドでも

無理やりオープンハンドでも保持します。

オープンハンド縛りですから!

ではどうやって持てばいいのか?

ホールドに合わせて横向きに体重をかけてやればいいです。

下の写真の様に体の重心を横方向へかけることで

縦長のホールドもオープンハンドでグリップを効かせる事が可能になります。

残念ながら下の写真はツイストのムーブ参考写真の為、厳密にはオープンハンドではなく、ガバで持ってます。

f:id:Breakoutdoor:20180812063050j:plain

真横に重心を掛けることでオープンハンドでも横方向にグリップを効かせる

壁に張り付く力が向上する

オープンハンドはあくまでホールドに引っ掛けるだけ。

体の支持は体全体で行います。

両手を離しても壁から剥がされないことが理想です。

その為に重要になるのは壁と体の距離と足のテクニックです。

壁と体の距離

文字通り壁に張り付きます。

一度スラブをノーハンドで登ってみると分かりやすいです。

必ず壁に張り付くことになるでしょう。

普段腕力で登っているパワー系クライマーには分かり辛いかもしれませんが、

腕力のない女性や子供、私の様に指を故障してオープンハンド縛りをしている人にとって

登る際に使用するのは腕力ではなく脚力です。

f:id:Breakoutdoor:20190114220819j:plain
f:id:Breakoutdoor:20190114220829j:plain
壁に張り付き脚力で登る

足のテクニック

スラブ(傾斜が垂直よりも緩い壁)では上の写真の様に特に意識せずとも張り付くことが可能ですが、

垂壁(垂直の壁)やカブリ(強傾斜の壁)の場合はオープンハンドだけでは無理があります。

そこで便利なのが、搔き込み、トゥフック、キョンなどの足のムーブです、

搔き込み

壁とフットホールドの接点につま先を潜り込ませて壁に張り付くテクニックを搔き込むと言います。

搔き込みに慣れてしまえば、下の絵心のない図の様に壁とホールドの間に窪みや隙間が無くても、ホールドとシューズの摩擦力で搔き込むことも可能です。

搔き込みはオープンハンド縛り関係なしに非常に有効なテクニックです。

f:id:Breakoutdoor:20181012232655p:plain
f:id:Breakoutdoor:20181012230350j:plain
フットホールドと壁の接点に足を搔き込む

搔き込む関連の記事はこちら 

www.takeabreakoutdoor.com

キョン(ドロップニー)

キョンは足を横方向に突っ張ることで体勢を安定させて情報のホールドを取りに行くムーブです。

片側の足を真横のホールドに乗せる→母指球(足の親指の付け根)を支点に180°回転させる→その際に壁側に向かって膝を真下に落とす

f:id:Breakoutdoor:20180812062750j:plain
f:id:Breakoutdoor:20180812062740j:plain
f:id:Breakoutdoor:20180812062731j:plain
キョン:両足を横方向で突っ張ることでカブリでも壁に張り付くことが可能

キョンはうまく決まればカブリでも足のツッパリだけで全身を支えることが出来るため、オープンハンド縛りでも有効なムーブです。

トゥフック

トゥフックとは文字通り、トゥ(つま先)でホールドにフック(引っ掛ける)する事です。ルー語みたい。

キョンの様に突っ張れない場合は逆に片足をホールドに引っかけて、両足で挟み込む力で体を固定します。

f:id:Breakoutdoor:20181010210422j:plain

トゥフック。つま先をホールドに引っ掛けて体勢を安定させる

 3級課題をオンサイトでクリア

まだオープンハンド縛りを本格的に始めて1か月ですが、

既に効果は出始めています。

今までの私の適正レベルは3~4級でした。

3級はチャレンジ課題でオブザベーションとトライ&エラーしてやっと攻略できるレベルでしたが、

先日久々にオープンハンド縛りを解禁して全力で登ってみました、

すると、3級課題をオンサイト(初見)でクリア!

調子に乗って2級に挑戦して見事撃沈。。

確実に強くなっているのを実感できて嬉しかったです。

体感的には以前よりも体感バランスが良くなった感じがします。

搔き込み力が増したことや、壁との距離がより近くなった事、今まで以上に脚力を使うようになったことが要因ではないでしょうか?

指の痛みはかなり改善されましたが、まだ違和感は残るため、

しばらくはオープンハンド縛りと長物課題を続けて基礎力の向上を図ろうと思います。 

www.takeabreakoutdoor.com

www.takeabreakoutdoor.com

www.takeabreakoutdoor.com

にほんブログ村 その他スポーツブログ その他マイナースポーツへ
にほんブログ村