栄光のエクソダス Break out to Glory

紆余曲折を経て二児のパパとなった三十代後半のサラリーマン父ブログ

営業職からの脱出を考える。主夫という選択肢は有りなのか?

営業職からの脱出

どうしようもなく自分が営業に向いてない事に気付いたとしたらどうしますか?

営業脱出の選択肢
  1. 現状で耐える
  2. 社内で他部門に異動
  3. 他の職種で転職する
  4. ホワイト企業に転職
  5. 主夫兼パートタイマー

f:id:Breakoutdoor:20190110131900p:plain

 

現状で耐える

我慢できるレベルなら我慢しましょう。

一番安全で労力もかかりません。

頑張って仕事に打ち込んでみたら仕事ぶりが認められ

境遇が改善されるかも知れません。

社内で営業部門以外に異動申請

零細企業だと難しいかも知れません。

人員がカツカツでやりくりしている為、

余分な席は空いていないでしょう。

また部署異動後は気まずかったり雑用を強要されたりと

今よりも辛くなる可能性も否定できません。

私の以前いた会社も資材送りや倉庫送りなど揶揄されていました。

労務のしっかりとした企業限定です。

他の職種で転職

1と2がダメなら転職です。

そもそも転職では労力とリスクを伴うのですが、

職種転換となると転職リスクは確実に上がります。

まず未経験者歓迎の企業が応募対象になると思いますが、未経験者歓迎の意味を良く考えてみてください。

www.takeabreakoutdoor.com

未経験者歓迎の裏側

未経験の中途を募集する理由
  1. ベンチャー企業である
  2. 定着率が悪く万年募集をかけている
  3. 業績が好調で募集が追いつかない為未経験でも欲しい

ベンチャー企業

ベンチャー企業は可能性で満ち溢れていますが、安定性に欠けます。

新規事業が5年後、10年後も残る確率はとても低いです。

やりがいを感じられる業務内容ならば、ベンチャー企業へ応募する価値はありますが

そうでなければ避けた方が賢明です。

定着率が悪いため募集

ブラック企業の匂いがプンプンします。

定着率が悪いという事はそれだけ就労環境が悪いという事。

入社しても就労環境や待遇に不満が出てきてまた転職する事になるでしょう。

転職には人生がかかっています。

会社選びには細心の注意を傾けましょう。

www.takeabreakoutdoor.com

www.takeabreakoutdoor.com

www.takeabreakoutdoor.com

業績が好調なため事業拡張

運良く3の企業に当たったとしても年収は確実に下がります。

一般的には新卒に毛が生えた程度しかもらえません。

もし年収アップを狙うのであれば

経歴が活きる同業種同職種への転職に限定されます。

あなたが大黒柱であるならば年収ダウンは軽視できない問題です。

ホワイト企業への営業職

同じ営業職なら経験を活かせるため年収アップも狙えます。

何よりも

ホワイト企業の営業職なら耐えられるかも知れない

そんな淡い期待を抱けます。

しかし仮に転職してホワイト企業に入社出来たとしても

営業職という根本は残念ながら変わりません。

また似たような悩みで燻るのではないか、、?

本当に営業職でいいのか?

今一度よーく考えてみて下さい。

営業職の辛いところ

営業職は何かとストレスを抱える職種です。

ガラスハートでは成す術も無く砕けるでしょう。

営業職の辛いところ
  • エンドレスに数字に追われる
  • 売上を上げてもそれ程還元されない
  • 上司とお客のパワハラ 
  • 鳴りっぱなしの電話
  • 替えがきく

永遠に数字に追われる

営業職にウンザリする一番の理由は

数字に追われる事で異論はないかと思います。

  1. 頑張ってノルマを達成する
  2. →達成し続ける
  3. →目標額を増やされる

当然目標額が上がると今以上の努力と労力が必要となります。

永遠に数字追われる仕事。それが営業職です。

報われない

達成してもそれが当たり前

良くて一言褒められるだけ

達成できなければ人として扱われない

会社のお荷物として肩身の狭い思い。

こんな理不尽嫌気がさして当然だと思います。

労力と対価が見合わない

売上をどんなに上げてもほとんど還元されません。

あなたが身を粉にして頑張って働いた利益を得るのは誰でしょうか?

上司でしょうか?役員でしょうか?

いいえ、違います。

利益を得るのは会社、つまり創業者一族です。

残念ながらその他大勢は労働力を搾取される側です。

 

日本の年功序列の制度では昇給もあまり期待できません。

もし今の対価に不満があるなら

もっと評価してくれる別の企業へ転職するか

独立起業するか。

上司と顧客のパワハラ

お客様の中には自分を神様だと勘違いして

横柄な依頼を当然のようにしてくる方もいます。

金曜日の定時後に電話が掛かってきて

今日中にOOOが欲しいんだけど

日曜日に電話があって

これ今日中に調べてくれる?

こちらの都合お構いなしです

ふざけるな!もうお前とは取引しない!

何度そう心の中で叫んだことか。

残念ながら我が社の方針は

お客様の犬になる事。

尻尾を振って振って振りまくれ!

会議で上記の様な御達しがあった時は

本当にこの会社は大丈夫か?

と心の底から心配しました。

上司ガチャも運

おまけに上司に恵まれなければ、もう詰みです。

パワハラ

言葉にするとたったの4文字ですが

人生を破壊しかねない威力を秘めています。

私はストレスでバレット食道を発症し、オプションでイボ痔が付いてきました。

頑張って耐えてきましたが内臓は耐えられなかったようです。

もしも倒れたら残された家族はどうなりますか?

その時会社が救ってくれますか?

www.takeabreakoutdoor.com

www.takeabreakoutdoor.com

主夫兼パートタイマーになる

この選択は非常識です。

特に日本でやると白い目で見られるでしょう。

しかし理解のある素晴らしい奥さんが入れば不可能ではありません。

大黒柱が主夫になれる条件
  • 理解のある優しい妻
  • 共働きできる環境
  • パートと家事育児を両立する能力
  • 財政

理解のある優しい妻

幸い私の妻は心優しく、尚且つ正社員として外で働く事に抵抗がありません。

むしろ向上心が高く、労働にやりがいを感じられるタイプです。

ありがたい事に主夫と言う考え方にも理解を示してくれます。

世の他の妻達がどうなのかを知りませんが、

通常ならば甘えるな!とケツをたたくのでしょうか?

妻の願いは家族円満。

私が病気になってまで営業してほしくないと言ってくれています。 

そんな妻に出会えて幸せです。

共働きできる環境

妻の理解を得たとしても共働きが出来ないと財政破綻してしまいます。

現在下の子はまだ乳飲み子です。

我が家は完全母乳派なのでもうしばらくは妻に育児をしてもらう必要があります。

流石に私は母乳が出ません。

我が家は二世帯住宅を選択していますが、これも追い風ではあります。

子供が幼稚園へ行っている間にパートをする事になると思いますが、

お子さんが熱を出したから迎えに来てください。

そんな緊急事態にすぐに駆け付けることが出来ない時もあるでしょう。

ジージ、バーバを頼るのは忍びないですが、

誰かが家で待機している安心感は二世帯住宅ならではのメリットでしょう。

財政

お金は必要です。

妻が正社員として働いたとしても今現在よりも年収は下がるでしょう。

私が週に5回時短でパートに出ても精々月額10万円前後、

妻が月20万円稼いだとして、世帯収入月30万円(皮算用)

現在より5万円ほど少なくなります。

その穴をどうやって埋めればよいか?

パートを増やして育児を疎かにする考えは全くありません。

そこで目を付けたのが副業。

ブログでの広告収入です。

まだ始めたばかりなので月1,000円程度の収入しかありませんが、

頑張って続ければ月3万円は夢ではないでしょう。

あわよくばブログ収入だけで生活費を賄いたいところですが

世の中そこまで甘くありません。

今は無理でも5年後、10年後はブログ収益だけで生活費を賄って見せます。

追い風

本年2019年の10月より幼児教育・保育の無償化が決定しました。

育児世帯の悩みの種であった幼稚園と保育園費用。

かなり大きいです。

阿部さんありがとう!

パートと家事育児の両立

現在、予行練習というわけではありませんが、週末限定でワンオペ育児をしています。

やってみれば分かりますが想像以上に苦行です。

向いていない人には地獄と言っても過言ではないでしょう。

労力的には正社員で働くのと同等、責任はそれ以上です。

家事育児は主夫が避けれ通れない道です。

主婦業と検討する前に一度ワンオペ育児を体験してみてください。

www.takeabreakoutdoor.com

www.takeabreakoutdoor.com

www.takeabreakoutdoor.com

私の様な境遇の方、たくさんいらっしゃると思います。

一緒に頑張っていきましょう!