アウトドア好きパパと自然が苦手なママの人生いろいろ育児ブログ

アウトドア派VSインドア派。相対する趣味を持つ夫婦の育児ブログ。たまに人生について考える。

ビブラムファイブフィンガーズの実際に走ってみたファーストインプレッション。ゼロドロップでミッドフット

ビブラムファイブフィンガーズ

f:id:Breakoutdoor:20181230152654j:plain

ビブラムファイブフィンガーズとは

限りなく裸足に近い装備で走ることで足本来の筋力を取り戻し故障し辛い足腰を手に入れる

事をコンセプトとしたランニングシューズです。

裸足に限りなく近いファイブフィンガーズは形状や機能性もとても特徴的です。

 

ファイブフィンガーズ特徴
  • 五本指シューズ
  • ゼロドロップ
  • 最低限のプロテクション

まるで裸足で走っているかの様な感覚のシューズ。

実際に走ってみた第一印象をレビューします。

www.takeabreakoutdoor.com

ファイブフィンガーズファーストインプレッション

極薄のソールに五本指のシューズ。

見た目にインパクトがありますが、

実際の使用感もインパクトがありました。

他のランニングシューズでは体験できない感覚をご紹介します。

感じたユニークな点
  • 足裏感覚が鋭敏
  • 超軽量
  • つま先で地面を掴める感覚
  • 足の筋肉に負荷がかかる

足裏感覚が鋭敏

流石に裸足感覚までとは行きませんが

かなり地面感じる事ができます。

歩いた時にはそれほど感じなかったのですが、

走ってみると全然違います。

徒歩は重心が両足に乗りつつ移動しますが

走ると全体重が片足に乗るわけでその分足裏に掛かる力が変わります。

小石を踏むと少し痛いです。

極薄密着のソールですが硬さがあるため

十分なプロテクションが期待できます。

ガラスの破片を踏んでも多分大丈夫です。

砂利道も走ってみました。

木の根っことか大き目の石とか踏んだ瞬間に分かるので

ギリギリ捻挫しないように反応出来ます。 

f:id:Breakoutdoor:20181230152624j:plain

f:id:Breakoutdoor:20181230152613j:plain

超軽量

まるで厚手の靴下を履いているような軽快さ。

超軽量と呼ばれるランニングシューズは

約150~200gですが、ビブラムのファイブフィンガーズは

どのタイプもそれ以下です。

モノによっては110gを切るものまであります。

その秘密は靴としての機能性を最低限に切り落とした事に起因します。

アッパー素材はメッシュ製、ソールも極薄です。

そのため防水性も防風性も皆無。

冬の寒い日には靴下を履かないと寒くて走れませんし

雨の日は論外です。

履いていることを忘れてしまうくらいの軽さ。

足元が軽快になるため、ついつい遠出してしまいたくなるシューズです。

私も取り合えず3km走るつもりがついつい5km走っていました。

また軽量でコンパクトにもなるため携帯性もとても良いです。

つま先が地面を掴む感覚

五本指ソックスを初めて履いたような感覚です。

五本指が独立して動く為より地面を掴む感覚が足に残ります。

中でも着地時と蹴り出す時が異質です。

ミッドフットもしくはフォアフットで着地する事になるのですが

着地時、指を感じます。

表現が難しいのですが、

とにかく指を感じます。苦笑

そして足を送り出す際には、

最後につま先が離れていく感覚が残ります。

硬いシューズやハイテクシューズを履くと、

足が中で固定されてしまって足全体が一塊に感じるのですが、

ファイブフィンガーズはラン中につま先、土踏まず、かかと、

足のパーツをそれぞれ感じる事ができます。

f:id:Breakoutdoor:20190109113432j:plain

足と筋肉に高負荷

走っている最中にも既に負荷を感じます。

つま先、母指球、アーチ、アキレス腱、ふくらはぎ、ひざ周り、裏モモ、臀部。

全てへの負荷です。

取り敢えず5キロ走りましたが、

次の日に足に筋肉痛が来ました。

日頃アルトラのゼロドロップシューズでランニングしているので目立ったダメージではありませんでしたが、

気になったのは足裏とアキレス腱への負担。

特に母指球とアキレス腱への負荷が尋常でなく

続けたら故障する予感がしたので

完全に回復するまでファイブフィンガーズでのランはお預けです。

f:id:Breakoutdoor:20181230152634j:plain

むっちゃ薄いソール。クッション性皆無な為地面の衝撃がそのまま足に伝わる

故障しないように徐々に慣らしていく

逆に今まで履いていたシューズのクッション性能に驚かされました。

クッション性の高いランニングシューズで10km走るよりも、

ファイブフィンガーズで5km走った時の方が足へのダメージは大きかったです。

高負荷が掛かるという事は筋肉がつくという事。

今までクッション性の高いシューズに守られていた軟弱な私の足は

従来備わっていたであろう筋力を取り戻すまでに時間がかかりそうです。

故障しないように様子を見ながら少しずつ足裏の筋力を育てていきたいと思います。

故障予防のベアフットランニングで故障したらもはや笑い話です。

歩けない程のかかとの痛み改善から始まったミッドフット走法

今ではハーフマラソン完走するまで回復しました。

ビブラムファイブフィンガーズを手に入れたことで

リハビリトレーニングも最終局面を迎えます。

徐々に走行距離を伸ばして生涯現役で走れる足腰を作って生きたいと思います。

www.takeabreakoutdoor.com

www.takeabreakoutdoor.com