栄光のエクソダス Break out to Glory

紆余曲折を経て二児のパパとなった三十代後半のサラリーマン父ブログ

親子ボルダリングから再始動。肩の故障から二か月ぶりの復帰。

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

ボルダリングで肩を故障してから早2か月が経ちました。

手を上に挙げて背伸びするとじまだ若干違和感を感じますが、

もう休憩はお終いです。

また痛むのでは?

という不安にももちろん駆られますが、

それよりもこれ以上ボルダリングから離れる方が精神衛生上良くないです。

故障の原因は忘れもしない過剰なカブリ課題のトレーニング。

しばらくは低負荷のクライミングで様子見です。

www.takeabreakoutdoor.com

 

復帰の第一回目は親子ボルダリング

子供メインで登らせるし、自分も子供と一緒の壁を登るため

復帰第一回目には丁度いいという思惑もあります。

子供はまだ三歳ですが、一応0歳11ヶ月からホールドに触らせています。

私が肩を故障してから2か月間は

パパ!ボルダリング行こう!

と誘われても何かと理由を付けて断って来ました。

今日、ボルダリング行こうか!

と提案したら大喜びでついてきました。

f:id:Breakoutdoor:20190101203120j:plain
f:id:Breakoutdoor:20190101203111j:plain
はしゃいで登る様子。教えてないのにしっかりとしたフォームで登れるのは本能か?

www.takeabreakoutdoor.com

 二か月ぶりでしたが、子供も登り方を忘れていませんでした。

親子でのボルダリングの良い点
  • 一緒に体験できる
  • 手軽である
  • 体も頭も使う

一緒に楽しめる

親子一緒になって楽しめるスポーツってあるようで中々無いんですよね。

野球だってキャッチボールはするけどゲームは一緒にできないし

サッカーやバスケ、バレーボールもレベルが違い過ぎて一緒には楽しめませんよね?

でもボルダリングは違います。

流石に三歳の娘と一緒にはまだ楽しめませんが、

小学校一年生くらいになるともう大人に混ざって中級くらいはできます。

ボルダリングが力のスポーツではなく、体幹と柔軟性、そして体重が大きく関わるからですね。

重力に逆らってムーブする為、当たり前ですが体重がかなり重要になってきます。

子供は身軽で体も柔らかい。猿みたいに登っていきます。

私も小学生と良く登ったりしてましたが、同じ位のレベルの子もチラホラいます。

やはり実力が拮抗しなくちゃスポーツは面白くありません。

手軽である

親子ボルダリングの魅力は何といってもその手軽さ。

ボーリングの様に手ぶらで行って手ぶらで帰れます。

必要なのはクライミングシューズのみ

チョークは手汗をかかなければ必要ありません。

頻繁に通うのであればマイシューズを購入した方がいいですが、

特に子供は足の成長が早いため、借りた方が良いです。

また、私の行ってるジムはショッピングモール内に入っている為、

雨の日も車で行けるし、妻がショッピング中に小一時間娘と時間つぶしにボルダリングが出来ます。

思い立った日に実行できてしまう、その手軽さが親子ボルダリングの魅力です。

体も頭も使う

ボルダリングやったことのある方はご存知かと思いますが、

かなり体力が必要なスポーツです。

高負荷が掛かる有酸素運動。

時間当たりの消費カロリーはマラソンより上です。

しかも上半身、下半身、体幹をフル活用する為、体への負担はかなり大きいです。

久々に復帰して、子供の面倒を見ている合間にちょこっと登っただけですが、

もう既に体中筋肉痛です。

しかし子供は体重が軽く、その分負荷も軽いため丁度良い運動になります。

体だけでなく頭も使うスポーツの為、知育にも良いかもしれません。

無数にあるホールドの中から決められたルートを把握し、

自分が本番でどう動けばいいのか頭の中で趣味レーションします。

これが意外と頭を使います。

私はあまり考えない方なので、ぶっつけ本番で見切り発射して失敗しますが、

子供にとっても良い頭のトレーニングになるでしょう。

f:id:Breakoutdoor:20181027223158j:plain

子供と一緒になって悩み楽しもう

パパあそこは手を逆にした方が良かったんじゃないの?

ここはヒールした方が登りやすいんじゃない?

そんなやり取りを娘とできる日を夢見ながらやってます。親子ボルダリング。

幸いまだ娘はボルダリングに興味津々の為、夢が現実になるかもしれません。

それまでに完全に肩の故障を治さなければ!

肩の調子はまずまず

子供用のスラブですが、恐る恐る登ってみました。

とりあえず全く問題はありませんでした。

心に誓った事
  • ドッカブリは避ける
  • 体重を落とす

二ヶ月のブランクは想像以上に大きかったです。

故障前は11Cを登破できたのに、現在は11Aが限界です。

f:id:Breakoutdoor:20181027215536j:plain

しばらくは肩に負担を掛けないようにカブリは避けて、スラブと垂壁のみ、足運び中心でリハビリトレーニングしていきたいと思います。

また体重増加=肩への負担なため、ランニングで減量+下半身の強化に努めていきます。

度重なる出張や病気の為しばらくミッドフットランニングも休んでいましたが、こちらも本格的に指導したいと思います。

www.takeabreakoutdoor.com