栄光のエクソダス 二児のパパになった三十路クライマーのブログ

紆余曲折を経て二児のパパになった三十路クライマーの育児ブログ

最強のソフトシェル、マムートのアルティメイトフーディ。マントの様に開くベンチレーションは唯一無二。

マムート・アルティメイトフーディ/MAMMUT・Ultimatehoody

ついに買ってしまいました。

個人的には世界最強のソフトシェル。

一言で言うと超高機能ジャージですが、次元を超越したレベルです。

機能性も高いですが、値段も高い。

この4年間毎年マムートのアウトレットへ出向いては

サイズが無い、あまり安くなって無い、いい色が無い

と二の足を踏み続けました。

去年(2017年)に木更津アウトレットへ行った時のこと。

ベンチレーションが腋から腰まで完全に開くタイプは今年で終わりですよ

店員さんにから衝撃の宣告を受けました。

これは買うしかない!

心に決めた私は次こそはとお小遣いをコツコツと貯めて今日この日の為に準備してきました。

そう、マムート・アルティメイトフーディの最大そして唯一無二の特徴は

腋下の完全開放型ベンチレーション

f:id:Breakoutdoor:20181231065521j:plain
f:id:Breakoutdoor:20181231065756j:plain
腋下のベンチレーションが腰まで完全にファスナーで開放できる。マントみたいになります。

このベンチレーションが欲しかった。

ソフトシェルの透湿性を以てしても行動中はやはり汗をかきます。

私は腕が特に蒸れる体質なのでこの腕抜きできるベンチレーションはセンセーショナルでした。

そもそもソフトシェルとは?

アウトドアにはレイヤリングという概念があり、

脱ぎ着を都度行うことで温度や天候の変化に対応する登山着の基本のことです。

一番外側に着るレイヤーをアウターレイヤーと言い

目的は強風や雨から体を守る、防風性や防水性を持ったレイヤーを指します。

アウターレイヤーには二種類:ハードシェルとソフトシェルがあります。

ハードシェル
  • 完全防水
  • 透湿性
  • 生地が硬くゴワつく
ソフトシェル
  • 撥水処理
  • 透湿性能は抜群
  • 柔らかくストレッチ性がありフリースのような着心地

撥水と防水は意味合いも性能も違います。

撥水は文字通り水を弾くきますが、浸水を防ぐことはできません。

従って小雨であれば傘無しでも濡れる心配はありませんが、

豪雨には耐えきれません。

一方で防水は水を通しません。豪雨でも全く問題ないです。

山での濡れは即命に関わるため、完全防水のハードシェルは必携品。

ソフトシェルはアウターレイヤーとして

中途半端な性能なため敬遠されがちです。

しかし湿潤な日本の気候にはソフトシェルこそがマッチしており、

しかも着心地の良さが圧倒的。

登山がより快適になることは間違いないです。

ハードシェルも必携のため荷物が余分に増えますがその価値は十分にあります。

www.takeabreakoutdoor.com

www.takeabreakoutdoor.com

アルティメイトフーディの特徴

  1. 超ベンチレーション
  2. ゴアテックスWind Stopperによる防風性
  3. ストレッチ性
  4. シュッとしたデザイン
  5. 撥水性能

超ベンチレーション

もはやベンチレーションではなく露出。

ベンチレーション用のジッパーが二の腕から腰下まで完全に開放されます。

f:id:Breakoutdoor:20181231070324j:plain
f:id:Breakoutdoor:20181231070320j:plain
腕だけ抜くこともできます。ベストになるというよりはマントの様。

ベンチレーションは蒸れた体内の湿気を体外に放出するために設けられた通気口です。

良く汗をかく腋下に設けられたり、ポケットがそのままベンチレーションになってます。

しかしアルティメイトフーディは超開放的なベンチレーションを内蔵。

写真のようにバックパックを背負ったまま腕を抜くことができます。

腕が蒸れやすい私には嬉しいこの機能。

いつもはベストを愛用してましたが、風が強くなると腕が冷たくなり困っていました。

f:id:Breakoutdoor:20181231065928j:plain

ポケットがそのままベンチレーションになっている。
f:id:Breakoutdoor:20181231065910j:plain
f:id:Breakoutdoor:20181231065919j:plain
正面も腋下もダブルジッパーの為、開け口の位置や大きさを調整できる。

防風性能抜群、透湿性抜群

GORE-TEX Wind Stopperにより防風性能抜群、透湿性抜群

ゴアテックスのWind Stopperを使用している為、

このフリースの様なしなやかさからは想像できないような防風性能を発揮します。

実際に気温2℃の中、メリノアンダーの上にアルティメイトフーディを羽織って

外を歩いてみましたが、予想以上に暖かい!

北風がビュービュー吹いていましたが、まるでアンダーonフリースonウインドブレーカーを着ているような着心地でした。

さすがに停止していると寒いので少し走ってみました。

暑くなってきたらベンチレーションして、止まったら閉めて、

温度のコントロール性がとても良いです。

サムホールが付いているので袖から風が入って来辛く、フードにもドローコードが付いており頭にフィットするので風をシャットできます。

f:id:Breakoutdoor:20181231065946j:plain
f:id:Breakoutdoor:20181231143519j:plain
サムホールもフードのドローコードもあり、強風・防寒対策もバッチリ

走って汗をかきそうになっても湿気を外側に逃がしてくれるので蒸れません。

万が一透湿性能を上回る汗をかいても、その時は超ベンチレーションの出番ですよ!

f:id:Breakoutdoor:20181231065747j:plain
f:id:Breakoutdoor:20181231065738j:plain
内側はメッシュ状になっており、汗の湿気で蒸れる前に体外へ放出される

ストレッチ性

ハードシェルと違い程よくストレッチします。

肩周りも伸びるため、クライミングしてもあまり気になりません。

f:id:Breakoutdoor:20181231065937j:plain

シュッとしたデザイン

腰回りがピチっとしていて全体的にシュッとしてます。

ピッチりしているため外気が中に入りにくく、防風性、保温性◎

きつい時は腰のジッパーを少し緩めればスリットのように楽になります。

f:id:Breakoutdoor:20181231070310j:plain

モデルがシュッとしていないためイマイチに見える

デイハイクや、低山登山、岩山へクライミングに最適かもしれません。

もったいないですが最強の街着としても使えます。

風に強く、小雨も弾き、着心地が良く、シュッとしている。

デザインも違和感なく街着として溶け込めますね。 

ソフトシェルが欲しいのであれば一着は持っておきたいマムートのアルティメイトフーディ。

アップグレードされてベンチレーションが完全開放されなくなる前にいかがでしょうか?