栄光のエクソダス 二児のパパになった三十路クライマーのブログ

紆余曲折を経て二児のパパになった三十路クライマーの育児ブログ

バレット食道でもランニング可。ネット神話や自己判断は間違ってることも。逆流性食道炎を正しく抑えるためにまずは胃カメラ検診で現状把握を!

逆流性食道炎がバレット食道を併発したのが半年前。

あまり注意を払わずにいつも通り生活していたら悪化しました。

バレット食道3cm以上の発がん確率が常人の100倍前後とネット記事で読んで戦々恐々。

バレット食道はしかも一度なったら治らない。。

ミゾオチと喉の締め付け感が半年前よりも悪化。

牛乳ですら飲んでも内部が腫れているのを感じ始末です。

胃液が逆流するのを恐れてルーティンだった帰宅ランも自粛、ボルダリングも自粛、

この数年間折角鍛え上げた肉体が徐々にやせ細っていく無情を噛み締めています。

しかし実際に検診してみたら予想外の結果でした。

f:id:Breakoutdoor:20181221204207p:plain

 

胃カメラ検診結果

重い腰を上げて有休を取った甲斐がありました。

自覚症状では前回よりも数段悪化している感じでしたが、

実際にはそこまで悪化していない事が判明しました。

診断結果
  • バレット食道1cm
  • 自覚症状は知覚過敏によるもの
  • 牛乳で腫れるのはアレルギー
  • ランニングはしても良い

頑張って有休取って胃カメラ検診して良かったです。

色々と自覚症状やネット記事に惑わされてました

バレット食道1cm

バレット食道はそこまで育っておらず、まだ1cmでした。

あと2cm猶予があります。

しかし進行する事はあっても治ることは無いので予断を許さない状況は変わりません。

成長の進行を止めるには薬と生活習慣の改善しがベストです。

手術にはリスクが伴いますし。

自覚症状は知覚過敏

食道の神経が過剰反応していたようです。

実際には僅かな刺激でも、さも大事のように反応した結果

胸の苦しさや喉の締め付けを感じたようです。

ネタが分かれば些細なことでしたが、

知覚過敏など知る由もなく絶望してました。

他に似た症状をお持ちの方は悩むよりもまず胃カメラ検診を受けてください。

現状把握は重要です。

意外と大した事ないかも知れないですよ!

牛乳で腫れるのはアレルギー

検診を受ける前は、牛乳はタンパク質が豊富で脂質も多く含んでいるため、胃液が大量に分泌され食道が苦しくなるのだと邪推していました。

しかしながら邪推は邪推でした。

牛乳で苦しくなるのは軽度のアレルギー反応の可能性が高いそうです。

そう言われてみれば思い当たる節があります。

体質的に牛乳を飲み過ぎると酷く下痢をしていました。

コップ半分以上飲むと腹を下すので、歳のせいかと思ってましたが半分はアレルギーなのかも知れません。

胃酸が多く出る食べ物は控えるのが正解ですが、頑なに食事制限をする必要は無いようです。

もちろん酒タバコや辛いものなど、明らかに食道に悪いものは制限すべきですが、

肉や脂肪など体に必要な栄養素ですし、取りすぎなければ問題ないようです。

注意すべき点

先生のおっしゃっていた注意すべき点
  • 食べてすぐ寝ない
  • 満腹まで食べない
  • 腹部に負荷がかかる運動は控える
  • アルコールなどの刺激物は控える

バレット食道は食道と胃の境目の緩みにより胃酸が逆流しやすくなる病気です。

イメージとしては蓋が開いてる瓶よりも、

口が緩んでる巾着袋の方に近いですね。

そう想像すると注意点により納得できるはずです。

f:id:Breakoutdoor:20181226125931p:plain

食べてすぐ寝ない

逆流性食道炎でNGなのが腹部への圧力。

横になると食道からの入り口が横を向いた状態で体重がかかります。

液体が入って膨れ上がった巾着袋の口が横向いている状態で押したら

ピューって中身が漏れそうですよね。

最も体重がかかるうつ伏せ

胃の口が下を向いてしまう右を下に

は特にNGです。

食後最低でも2~3時間は空けてから横になりましょう。

それでも逆流が気になる方にはこちらがおすすめ!

緩やかな傾斜を付けてあげるだけで逆流を抑制できます。

高反発タイプの為、良い感じに体重が分散されて寝心地もいいです。

もっと早く買っておけば良かったと後悔しています。

満腹まで食べない

f:id:Breakoutdoor:20181226130323p:plain

パンパンに膨れた胃袋は、圧力をかけなくても中身が漏れます。

悪い事は言いません。
もう少し食べたいけど我慢しよう!

で止めておきましょう。

腹部に負荷が掛かる運動は控える

腹八分で止めておいたとしても外部からの圧力で中身が漏れます。

バレット食道でなくてもそうですよね?

腹筋に強い力を込める事で胃が腹部と背中に丁度プレスされる形になり、

胃液が漏れます。

例えば

  • 重い物を持ち上げる運動
  • 便秘のリキみ
  • 筋トレの腹筋

これらの運動はできるだけ避けましょう。特に食後は尚更です。

ランニングはOK

よくネット記事に逆流性食道炎とランニングの因果関係について見かけますが、

先生によるとネット神話だそうです。

上記の通り、腹部への圧力はNGですが、ランニング程度の揺れに関してはそこまで問題ではないようです。

もちろん食後すぐや満腹で走ったら問題でしょう。

そんなのバレット食道でなくても逆流します。

重要なのはランニングOKの事実。

私個人的にはこれが一番うれしい誤算でした。

半ば諦めていたベアフットランニングと踵のリハビリ。

満を持して再開します!

特にベアフットランニングは頭部の上下動を抑えられるため体のランニング時の揺れが気になる方にもお勧めです。

www.takeabreakoutdoor.com

アルコールなどの刺激物を控える

  • お酒
  • タバコ
  • 辛い物

は控えた方が良いです。

バレット食道でなくても食道ガンのリスクを高めます。

また胃酸の分泌を促進させる高たんぱく質にも注意が必要ですが、

昼食のみ食べるなどルールを敷けば毎日食べても大丈夫です。

タンパク質は特に消化に時間がかかるため夕食には食べない方が無難です。

胃カメラ診断後心境

診断前と後では心持が全然違います。

自分はこのままガンになって苦しむのではと思考が負のスパイラルに陥っていました。

根拠のない不安に踊らされるよりは、

根拠のある不安の方が対策も立てられますし覚悟もできます。

予想よりも案外軽度である可能性も大いにあります。

不安が募ってネットを周回して気が付いたら深夜一時。

睡眠不足が更に不安感を煽り、

知らず知らずストレスで悪化、

なんてことにならないように

モヤモヤと燻っているようならばまずは現状把握のため診断をおすすめします。