栄光のエクソダス 二児のパパになった三十路クライマーのブログ

紆余曲折を経て二児のパパになった三十路クライマーの育児ブログ

二世帯住宅でなければトイレにも行けない。幼児二人のワンオペ育児はブラック企業以上にブラック。

終末のワンオペ育児

妻がパートを始めて以来、終末週末のワンオペ育児と奮闘しています。

最近出張続きで育児とは遠いところで生活してましたが、久々にワンオペ育児してみて子育てはブラック企業なんだなあとつくづく実感する今日この頃。

幼児二人の世話に追われて家事はおろか、トイレに行く暇もありません。

大袈裟に聞こえるかもしれませんが、残念ながら本当です。

f:id:Breakoutdoor:20181223205250p:plain

「数分だろ時間は作るもんだ!」

以前の私ならそう言い放ったでしょう。

ワンオペ育児では上の子を見張ると同時に、常に下の子にも下の神経を使ってます。

滑るんじゃないか、椅子から落ちないか、角に頭をぶつけないか、階段を降りようとしないか。

心配過ぎてトイレなど自分の用事は後回しにしてしまいがちです。

 

男の子はミステリー

大人が予想しないようなウルトラC技に敢えて挑戦します。

行動が大胆というか、危険な事がまだわからないのか、

なんで???って予想の斜め上の行動をとり怪我をします。

さっきまでミニカーで大人しく遊んでいたのに、

一瞬目を離した隙に、ミニカーに乗ってコンロの上の鍋を取ろうとしたりします。

事故が起きないのは当たり前でなく、

奥さんが常に目を光らせてくれている結果なのです。

小便している間も気が気ではありません。

トイレに行けない

一番辛いのがトイレ補助。

上の子が最近トイレで小便できるようになりました。

アシストして見守ってやるのですが

絶対自分の方が小便我慢してる!

そんな気持ちがぬぐい切れません。

しかも頻尿

最近トイレでおしっこを覚えて楽しいのか、

10分おきにトイレを所望したりします。

おしっこしたくなったらすぐに言うんだよ!

トイレでの小便を定着させたいが為にそう指示した手前文句は言えません。

当たり前ですが数滴しか出ません

俺は今朝から一回もトイレに行けてないのにふざけんな!

 

小便我慢してるなかで他人の小便行為を見守るのは

表現し得ないやるせなさがあります。

 ワンオペ中のトイレは死闘

一度だけどうしても我慢が出来なくて、

トイレに子供たちを連れ込み施錠、排便にチャレンジした事がありますがもう二度としません。

まずパンツを下ろした瞬間に上の子が解錠します。面白がって何回でもやります。

上の子を両足で押さえつけると、自由になった下の子が暴れて頭を打ち付けます

交渉の末に上の子を肩車して大人しくさせることに成功して、

下の子を両足に挟みました。

出たい!と暴れる下の子。

力には力で返って来ます。

 

簡単にはトイレにも行かせてもらえない。

それがワンオペ育児です。

 二世帯住宅ならトイレにも行けるが妻は行けない

私達は両親との二世帯住宅で育児をしています。

上記の用なワンオペ育児の真骨頂は当然、両親世帯が留守にしているか時か、

喧嘩をしていて頼みごとをしたくない時の出来事です。

普段は好きな時にトイレに行けますし、料理の仕込みだってできます。

その点、妻には申し訳ない気持ちがあります。

妻からすると義理両親なわけでして、

トイレに行きたくてもなかなか頼みづらいでしょう。

緊急時はお願いするのでしょうが、やはり遠慮してしまいます。

私も終末の育児を経験してみてやっと妻の辛さが分かるようになってきました。

一人で幼児を二人見る大変さは経験しないと絶対に理解できません。

週二日でも辛いのに、これが24時間365日続くとなると、、、。

せめて世の中のお父さんができること
  • 家事と育児に関して妻に従う事
  • 気遣ってあげること

くらいでしょう。

間違っても偉そうに

時間は作るものだ!寝不足?子供が昼寝してる間に寝ればいいだろう!

なんて暴言を吐いてはいけません

ワンオペ育児を体験したら絶対に言えなくなる一言です。

今日は早く終わった!一杯引っかけて行くか!

ではなく、1秒でも早く帰って奥さんの手伝いをしてあげてください

今頃トイレを我慢して奮闘していますよ!

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村