アウトドア好きパパと自然が苦手なママの人生いろいろ育児ブログ

アウトドア派VSインドア派。相対する趣味を持つ夫婦の育児ブログ。たまに人生について考える。

海外プリペイドSIMは海外出張・旅行の最適解。2200円で12GB、おまけに3000分の音声通話も含んでいます。驚愕です。

出張には海外プリペイドSIMが 最適解

海外出張や海外旅行、携帯電話の通信はどうしてる?海外プリペイドSIMはヨーロッパ周遊で12GB:2200円と他ではまねできない金額設定にも対応してるんだ!

 

CMでおなじみの〇モトのポケットWIFIは大変便利ですが、費用が嵩みます。

ヨーロッパ周遊の場合、使用日数x1,000円位掛かりますので、1週間出張に行くと7,000円以上通信費でかかる計算になります。

しかも、ポケットWIFIなので音信通話には別途ローミング料金がかかります。

相手がLINEやMESSENGERを使用しているのであればWIFI経由で通話可能ですが、

レストランの予約やタクシー会社へ電話など、WIFIでは通話できない場面は多々ありますよね。

海外SIMはそんな悩みを解消してくれる賢い選択肢です。

f:id:Breakoutdoor:20181211133010p:plain

 

SIMとは

SIMとは通話・通信サービスを使用する際に必要な鍵です。

中にはあなたの個人情報や電話番号などの個人識別データが含まれています。

大気中には無数の電波が飛び交っていますが、

電波にはロックが掛かっており、利用するにはお金を払わないといけません。

鍵であるSIMカードを差し込むことで始めて通信サービス会社の通信サービスへのアクセス許可が下り、インターネットに接続したり、通話ができるようになります。

大多数の方は日本国内では大手三キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)のサービスを使用していて、いずれかのSIMがスマホに入っています。

海外ローミング

国内キャリアは国内の通信サービスしか提供していない為、そのままでは海外で通信できません。

代わりに現地の聞いたこともないような通信会社名がスマホのアンテナの欄に表示され、高額ですが通信可能です。

海外ローミングと言って海外現地の通信キャリア→日本国内のキャリアと経由することで通話・通信サービスを海外でも使用できる仕組みです。

かなり高額となるため緊急時以外にはおすすめできません

どうすればいいか?

海外の通信キャリアと直接契約し、海外キャリアのSIMカードをスマホに挿入すれば良いのです。

その為にはまずあなたのスマホをSIMフリー化する必要があります。

SIMフリー化

そもそもスマホはSIMフリーが基本です。

SIMロックという機構が採用されている国は日本くらいのものです。

日本ではスマホを購入したキャリアの通信サービスしか利用できないようにするためにSIMにロックをかけていました。

端末本体料金実質ゼロ円でも利益を回収できたのはSIMロックにより顧客を自社に縛り付けることが出来たためです。

しかしこのままだと健全な価格競争はおこりません。

大手三大キャリアが談合すれば消費者はそれに従うしありません。

危機感を持った政府は大手三大キャリアにSIMフリー化を促し、

2015年5月よりSIMフリー化が実現されました。

SIMフリー化のメリット

  1. 自分のスマホを保持しつつ他の携帯キャリアへ鞍替えできる
  2. 健全な価格競争およびサービス向上が期待される
  3. 海外プリペイドSIMが使える

今回は3番の海外プリペイドSIMが使えるという点が最大のポイントです。

スマホがSIMフリーに対応したことで端末購入元以外のキャリアを選択することが出来るようになったことで海外キャリアのSIMも使用できるようになりました。

これまでの海外でインターネットを使用方法

  • ポケットWIFIに海外プリペイドSIMを挿入しスマホとWIFI接続する
  • 海外製のSIMロックが掛かっていないスマホを別途購入し、海外プリペイドSIMを挿入する

くらいしか手段がありませんでした。

前者ではデータ通信ができても音声通話ができない、音声通話には海外ローミングが必要、

後者は海外用のスマホを別途用意している為、普段使用しているスマホとデータを同期する必要があり面倒です。

しかもいずれもポケットWIFI期や海外製スマホを別途購入する必要がありコストもかさみます。

SIMロック解除

auはmy auからSIMロック解除できます。

店頭でも出来ますが3000円かかります。

何も予備知識が無くても意外と簡単に解除できちゃいます。

SIMロック解除の注意点

  1. 2015〜2016以降に販売されたスマホのみ対象
  2. 写真などデータが消失する恐れがある

1番以前のスマホを利用している場合は買い換えるしかありませんね。

これを機会に楽天モバイルに切り替えましょう!

楽天モバイルは無料の低速モードが高速で限定的データ使いホーダイ+10分カケホで月1480円

www.takeabreakoutdoor.com

海外プリペイドSIM

海外で使用できる前払い制の定量SIMカードの事です。

例えばデータ3GB/1,000円のプリペイドSIMがあるとします。

  1. 1000円支払いプリペイドSIMを購入
  2. スマホにプリペイドSIMを挿入
  3. 3GB使い切るまでデータ通信可能

プリペイドSIMのデメリットはデータに使用上限があり使いホーダイではない点のみです。

海外プリペイドSIMの利点

  • 安価

  • 追加料金が取られない

  • 音声通話も可能

  • 接続に複雑な設定が不要

THREEの海外プリペイドSIM

例えばヨーロッパ周遊でオススメなのがTHREE のプリペイドSIM

2200円でデータ12GB、音声通話3000分!

使用後30日間という縛りがあるため、

基本的には1回使い切りタイプです。

コスパ最強

◯モトのレンタルポケットWIFIは1000円/日

2週間ヨーロッパ出張だとして

レンタル:2週間=14日x1000円=14000円

THREEのプリペイドSIM: 2200円

桁違いに差が出ます。

個人的な使用感ではgoogleマップでナビ機能を駆使しても1GB/日で収まりました。

2週間くらいは持ちます。

煩わしさが無い

入れるだけ

飛行機内で現行のSIMを海外プリペイドSIMと入れ替えるだけ。

あとは現地到着後に携帯の電源を入れれば自動的に接続できるようになります。

私の場合は電源を入れてから約20分くらい待ち時間がありましたが空港の外に出た頃には機能していました。

ポケットWIFIのように管理者ID・パスワードの登録・設定といった煩わしさがありません。

契約・返却の手間が無い

レンタルポケットWIFIだと、集合時間より早く空港へ行って貸出カウンターで契約・支払いする必要があります。

余裕を見て集合の1時間前に行くために朝4時起きとか億劫ですよね。

もちろん返却もしなくてはいけません。

あれっ?無い、無くした!

借りものですので無くすと大変です。

紛失補償に加入していなければ弁償することになります。

その点プリペイドSIMはアマゾンで購入して、それでおしまいです。

契約する必要も返却する必要もありません。

嵩張らない

ポケットWIFIを利用するとどうしてもポケットWIFIとスマホを両方持ち歩かないと行けません。

スリープするので定期的にポケットWIFI本体のボタンを押さないといけなかったりと何かと面倒。

更にポケットWIFIは意外と電池の消耗も激しくて、場合によっては予備のバッテリーも持ち歩く必要があります。

これが意外と嵩張ってストレス。

プリペイドSIMならスマホのみ持ってればOKなので、ポケットにスマホを入れて荷物無しで手ブラ散策も出来ます。

音声通話ができる

WIFIのみだとスマホの電話機能はアプリを通した通話に限定されてしまいます。LINEとかSpypeなどです。

しかしレストランの予約やホテルへの問い合わせ業者への連絡は基本的に音声通話ですよね。

その度に高い海外ローミングを利用すると請求額が青天井ですし

かといって最近は公衆電話もあまり見かけなくなりました。

今回ご紹介しているTHREEのプリペイドSIMには音声通話3000分が2200円に含まれています!

3000分はあくまで海外現地での通話ですので、日本に国際電話をかける際にはLINEやSkypeを使いましょう。

現地での音声通話対応はかなり便利です。

例えば空港に着いてホテルの迎えが見当たらない時、どうしますか?

探すにも相手の顔が分からないし、置いて勝手にタクるわけにも行きません。

ホテルに連絡取るにも公衆電話を探す必要がありますし、両替したてでコインが無い。

そんな時THREEのプリペイドSIMなら、スマホでホテルの電話番号を検索してそのまま電話できます。

マルチSIM対応

マルチな大きさのSIMスロットに対応しています。

現行のスマホは殆どがnanoSIMですが、一部マmicroSIM対応の機種があったりします。

THREEは枠を切り離す事でいずれのサイズにも

対応することができます。

f:id:Breakoutdoor:20181205003547j:plain
f:id:Breakoutdoor:20181205003537j:plain
f:id:Breakoutdoor:20181205003526j:plain
標準SIM、マイクロSIM、ナノSIMに対応

万が一、microSIM が欲しいのに誤ってnanoSIMまで切り離してしまった場合で、SIMアダプタなるものが市販されてますので安心です。

ケース付きがオススメ。取り出した日本国内のSIMを保管するのに便利です。

無くしたりキズ付けたら大変ですよ!

f:id:Breakoutdoor:20181205003735j:plain
f:id:Breakoutdoor:20181205003721j:plain
大切な国内SIMはケースで保管。SIMをSIMスロットから取り出すSIMピン付き。

豊富なプランあり

先ほどご紹介したTHREEは使用後30日間の期限が付いているため2週間前後の中長期出張者向けです。

同じ12GBでも360日間使用可能な金額プランがあります。金額は4900円と倍近く。

1年間の間に5、6回などチョコチョコと海外出張に行かれる方にお勧めのプランですね。