栄光のエクソダス Break out to Glory

紆余曲折を経て二児のパパとなった三十代後半のサラリーマン父ブログ

世界遺産:ケルンの大聖堂は圧巻の一言。これだけを見るためにケルンへ行く価値があります。デュッセルドルフを訪れたら是非お立ち寄りください。

デュッセルドルフに来たならケルンの大聖堂がおすすめ!実はとっても近いんだよ!

 

大聖堂のあるケルン中央駅はデュッセルドルフ中央駅から列車で30分と余裕で日帰りできる距離。

乗車賃もグループチケットなら一人往復で10ユーロ前後とお求めやすいです。

ケルン中央駅には見所が密集していて、急ピッチで観光巡りしたい方にオススメ。

ケルン中央駅周辺の見どころ

  • ケルンの大聖堂
  • ケルシュ醸造所兼レストラン
  • ヴァイナハツマルクト/クリスマスマーケット

午前中ケルンの大聖堂、午後デュッセルドルフのクリスマスマーケットを回る強行プランも可能です。

f:id:Breakoutdoor:20181205003338j:plain
f:id:Breakoutdoor:20181205002657j:plain
左がケルン中央駅、右がデュッセルドルフ中央駅

 

世界遺産:ケルンの大聖堂

ケルン中央駅を降りるとまず目に入るのが大聖堂。

第一声は、なんなんだ、これは!

あなたも必ずそう言います。

とにかくデカい

高さ157mと巨大な建造物。

数字で言うとスカイツリーの1/4、東京タワーの半分にも満たないのですが、

実物はヤバいくらいデカいです。(笑)

スカイツリーの何倍もの質量感、威圧感に一瞬思考停止します。

f:id:Breakoutdoor:20181205003107j:plain

写真に納まりきらないデカさ!

上の写真も大聖堂からそれなりに離れて撮っているのですが、

完全にフレームアウトです。

デカいのは外見だけではありません。

内部も圧巻です。

外部解放時間は6時~19時半、サマータイムは~21時。

f:id:Breakoutdoor:20181205003058j:plain
f:id:Breakoutdoor:20181205003047j:plain
ケルンの大聖堂内部

内部には無料で入れます。

入口で僧侶が募金を募っています。余裕があれば寄付しましょう。

ケルンの大聖堂、登れます

外に出て左に進むと左側に下へ下る大きな階段があります。

中国語で登塔入口的なサインがあるのですぐにわかります。

登塔は有料だよ。大人一人4ユーロ。学生割引もあるよ!

高さ157mだからといって舐めてかかると痛い目にあいます。

歴史ある建造物なのでエレベーターなんかありません。

実際に登れるのは100m弱、階段数は533段!自分で数えながら登ったので誤差はあるかも!

 

螺旋状の石段をひたすら登ります。

階段はとてもとても狭く、ギリギリ大人がすれ違えるくらいです。

そうです、出入り口が同じ階段の為、登る人と降りる人で必ずすれ違います。

力尽きた人が途中で休憩しているので階段内部で大渋滞が頻繁に起こりました。

外も良く見えないし、今自分がどの辺にいるのか分からず、挫折しそうになります。

こんなに階段を登る経験はそんなにないでしょう。

登頂時にはまるで登山でもしたような達成感!。

f:id:Breakoutdoor:20181205003243j:plain
f:id:Breakoutdoor:20181205003035j:plain
大聖堂。ライン川がみえます。目下にはヴァイナハツマルクトの赤い屋台屋根が!

ヴァイナハツマルクト/クリスマスマーケット

 ケルンの大聖堂の周囲にはヴァイナハツマルクト/Weihnachtsmarkt(クリスマスマーケット)で賑わっています。

クリスマスマーケットはドイツが起源とされています。

クリスマスツリー用のオーナメントやガラス細工などの工芸品が店頭で販売されており、

煌びやかなクリスマスツリー、古く趣のある景観ととってもロマンチックな雰囲気。

近年では新婚旅行での人気スポット。

 

f:id:Breakoutdoor:20181205003400j:plain
f:id:Breakoutdoor:20181205003348j:plain
大聖堂を背景に可愛いポップアップショップ。生演奏の催しもやってます。

何といっても忘れてならないのが

グリューワイン/gluh wein

ホットワインをスパイスとシロップで割った飲み物ですが

寒い季節には身も心もあったまります。

グリューワインは可愛いマグカップに入ってきますが、

マグカップはそのまま持って帰ってもいいです!

要らなければ返却すればカップ分の代金が返却されます。

グリューワインのマグカップは毎年デザインが変わるよ!コレクターアイテムだね!

 

f:id:Breakoutdoor:20181204234142j:plain
f:id:Breakoutdoor:20181204234018j:plain

www.takeabreakoutdoor.com

 

ガッフェル・アム・ドム/Gaffel am Dom

f:id:Breakoutdoor:20181205002912j:plain

ステンドグラス調の天井照明。店内もケルンの雰囲気にマッチしています。

ガッフェル・アム・ドムはケルンの地ビールケルシュ/Kolschが飲めるレストランの一つです。

他にもケルシュが飲めるレストランは多くありますが、

ガッフェルアムドムは大聖堂から一番近くにあり時間が無い人にとっても便利。

ガッフェルケルシュ

ガッフェルケルシュは他のケルシュよりも苦みが強く、切れがあります。

ケルシュ特徴

  • 黄金色
  • フルーティな香り
  • 苦い

さすがはビール先進国ドイツ。

日本のビールとは一味違います。

ビールはどの銘柄を飲んでも同じに感じる私ですが、

先日飲んだアルトビアも今回のケルシュも一癖も二癖も感じました。

個人的にはアルトビアの方が好みでしたが、ケルシュも美味しかったです!

f:id:Breakoutdoor:20181205002901j:plain

 

【ドイツビール】ガッフェル ケルシュ

【ドイツビール】ガッフェル ケルシュ

 

 

アイスバイン/Eiswein

出ましたおなじみのドイツ料理、アイスバイン。

塩漬け豚足を野菜とスパイスで煮込んだものです。

スパイスが利いているせいか臭みが一切なく、

それでいて脂身が口の中でとろけます。

絶対おすすめのアイスバインですが、

膝から下が丸ごと出てくるので大変ボリューミー。

頼むのであれば4‐5人いた方がいいです。

f:id:Breakoutdoor:20181205003657j:plain

このボリュームで4人前です。ドイツ人やば!

www.takeabreakoutdoor.com

ケルンの大聖堂登頂533段で汗を流した後のビールと豚足は格別ですね!

ケルンの大聖堂だけでも見に行く価値はあります。

デュッセルドルフに来たら是非とも立ち寄ってみてください。