アウトドア好きパパと自然が苦手なママの人生いろいろ育児ブログ

アウトドア派VSインドア派。相対する趣味を持つ夫婦の育児ブログ。たまに人生について考える。

一人の時間を捻りだせるか?抱っこひも活用術。お昼寝を巡っての3歳半の娘との駆け引きと成功と失敗

全国の育児と奮闘してる皆さん、この三連休お疲れ様です。

もう年末まで秒読みを迎え、何かと忙しくなってきました。

平日の仕事も残業が続きやっと三連休だと思いきや

ワンオペ育児三連日という休日の地獄。

育児の真に恐ろしいところは

心身共に疲れ果てても子供の寝顔を見ると

逆にこの三連休が掛け替えのない幸せな時間に思えてしまうところです。

とはいえ一人の時間も欲しくなるのが実情。

ワンオペ育児中にもそんな優雅な時間が作れてしまいます。

それはお昼寝タイムです

二歳過ぎまでは何もせずともお昼寝してくれたので楽でしたが、

2歳半頃から意地でも昼寝しなくなりました。

14時くらいから目も虚ろで集中力がなくなり、眠いせいでイライラしてきます。

そんなに眠いなら寝ればいいじゃん

ていつも思うのですが頑なに眠ろうとせず、

就寝時間まで何かと私に八つ当たりして一日が終わります。

Aprica (アップリカ) 抱っこ紐 コランハグ ナチュレ カラフルディジットPR (つかれにくい腰ベルトタイプ よだれパッド付) 39431

そんな中最近になって再び活躍しているのが抱っこひも。

二歳まではとてもお世話になりました。

なんといっても抱っこして両手がフリーになることが素晴らしい。

14キロとだいぶ重くなりましたが、20キロくらいなら耐荷重はまだまだ余裕です。

まずは抱っこひもに入ってもらわないと困るのですが、

そこはいつも意外とすんなり入ってくれます。

意地を張ってるが実際は眠いのと、

弟くんがいつも抱っこひもに入っているので自分も入りたい欲求があるのでしょう。

弟くんへの嫉妬心からなのか抱っこひもに入ると赤ちゃん返り。

バブー、と、嫌!、とお散歩、しか喋らなくなります。

お昼寝しようね!って言うと、

嫌だ!

になるので、公園に行こうと言って抱っこひもで外に連れ出します。

一緒にポケモンGOを起動します。歩いた距離でポケモンの卵が孵るからです。

2kmの卵が孵った辺りでウトウトし始めたので踵を返すと

お散歩

とぼそっと声がします。なんて勘のいいやつだ。

眠けりゃ寝ればいいのに必死に耐えてます。

もとより長期戦覚悟。

しかし5kmの卵が孵った辺りで根負けして家に帰ります。

相変わらず娘は、

お家、嫌!お散歩!

しか喋りませんが、その場で跪いて

どうか一緒にお昼寝してください。

と拝み倒すとしぶしぶOKしてくれます。

抱っこひもしたままだったら寝てあげてもいいよと。

自由時間を得るためのお昼寝作戦だったのですが抱っこ紐に入れたままだと本末転倒です。

しかしここは相手の要求を飲む事で次に繋げるのが吉と判断し

抱っこしたまま布団の上で座りながら寝かしつけます。

本当に寝てるのかまだ起きてるのか疑心暗鬼の中ただひたすら寝かしつけ。

気が付いたら私が寝ていました。

やべ!

と起きると娘も寝ています。

無事に抱っこ紐から外す事に成功し

ついに念願の自由時間を手に入れてしまった私。

15分で娘が起きてしまったのがオチです。

洗濯物を乾燥機に入れるくらいの時間はありました。

まだまだ効率の良い3〜4歳児の寝かしつけ方法を模索中です。

もしご存知の方がいらっしゃったら是非とも教えてください。

 

我が家はアップリカの抱っこひもを使用しています。

新生児期の首が座っていない時期には横抱きが可能。

安心の国産なので海外製によくある日本人の骨格に合ってないと言ったトラブルが少なく、

腰ベルトがしっかりしていて疲れにくいです。

肩で担ぐ、というより腰で担ぐ感じです。

登山向けのザックのような使用感です。

サンシェードがいい仕事をしており、

直射日光で眼を覚ますのを防ぐと同時に

頭が左右にグラつくのを抑制してくれます。

寝かしつけに持ってこいの機能。

 

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村