アウトドア好きパパと自然が苦手なママの人生いろいろ育児ブログ

アウトドア派VSインドア派。相対する趣味を持つ夫婦の育児ブログ。たまに人生について考える。

立体インソール+Dr.ASSYの組み合わせ最強。かかとが痛くてビジネスシューズが履けない営業マンへおすすめします。

ビジネスシューズは足に良くない

かかとの故障改善リハビリトレーニングから早くも3年が経ちました。

当初は腫れ上がり歩けないレベル。

通院、電気治療、マッサージ、サプリも効果が無く一生このままか、と絶望したものです。

しかし現在は独自に調べてミックスしたリハビリトレーニングが功を奏してハーフマラソン完走するまで回復しました。

しかし未だにビジネスシューズを履くと

かかとが疼き、歩くとイヤーな感じがします。

三日程一日中履いていると痛みがぶり返すのが現状です。

[ドクターアッシー]超軽量 本革 ビジネスシューズ DR-1008 ブラック 27.0cm

 

www.takeabreakoutdoor.com

www.takeabreakoutdoor.com

 

営業職はビジネスシューズ強制

私は営業ですので、客先周りだけ革靴、

それ以外は黒くて目立たないスニーカーと

出来る限り革靴の着用は避ける様にしています。

それでも一日中外回りする機会は残念ながら頻繁にあります。

かかとの痛みには様々な要因があり人それぞれ症状が違いますが、

共通して言えるのはビジネスシューズの様な革靴が足にとって良くないという事。

ビジネスシューズが足に良くない点

  • 硬い
  • ヒールが高い
  • 厚底
  • フォアフット部が窮屈

かかとや足の故障に良くないとされる要素を贅沢に含んだビジネスシューズは履かないに越したことはありません。

そんな中、Dr.ASSY と言う素晴らしい靴に出会いました。

Dr.ASSY、まるでスニーカーの履き心地

目を瞑ればビジネシューズを履いてる事実が夢のようです。

Dr.ASSYの素晴らしい点

  • 柔らかい
  • 軽い
  • フォアフット部が幅広

しかしなんだかんだ言ってもビジネスシューズ。

痛みが軽減されますがスニーカーには敵いません。

それでも他のシューズとは段違いで、

営業中は何とか痛みを誤魔化せる救世主でした。

そんなDr.ASSY にも欠点があります。

耐久性が貧弱な事です。

Dr.ASSYの弱点

  • 浸水する
  • ヨレ易い
  • 靴底がみるみる減る
  • 表面が劣化し緑っぽくなる

軽量・柔軟性を追求した結果なのだと思います。

それでも壊れたら勿論次もDr.ASSY を選びます。

年に一回は買い換えるのでいい商売ですね! 笑

Dr.ASSYは種類によって履き心地が全然違う

私が愛用し上記で紹介しているのは↓のタイプ。

ひとまずラウンドタイプと呼びます。

(ドクターアッシー) Dr.ASSY スニーカー (1008) メンズ 4E ビジネス カジュアル 通勤 シューズ 靴 25.5cm ブラック

ラウンドタイプ特徴

  • フォアフット部が丸型
  • 幅広EEEE
  • ヒールが比較的低い
  • アッパーもソールもとても柔らかい
  • 劣化が早い
  • 浸水する
  • スタイリッシュでない

一言でいうと足にやさしいが耐久性に難あり

次に、知らずに買ってしまった現在履いている他種↓

とんがりタイプと呼びます。

良く見るとラウンドタイプと比べて靴先が尖っています。

(ドクターアッシー) Dr.ASSY スニーカー (6047) メンズ 4E ビジネス 通勤 シューズ 靴 27.0cm ブラック

とんがりタイプ特徴(ラウンドタイプと比べて)

  • フォアフット部が若干窮屈
  • 幅広EEEE
  • ヒールが通常の革靴並みに高い
  • ソールが比較的硬い
  • 耐久性は高い
  • 浸水しない
  • スタイリッシュ寄り

一言で表すと、通常のビジネスシューズに近いが、

その分足への配慮もそれなり。

それでもまだ一般のビジネスシューズよりは足にやさしいのは事実

f:id:Breakoutdoor:20180829004112j:plain
f:id:Breakoutdoor:20180829004102j:plain
左から、ラウンドタイプ(1年使用)、とんがりタイプ(新品)

こちらがラウンドタイプ

サイズ感はいつも履いてるスニーカーやランニングシューズと同じでOKでした。

(スペック:168cm、63kg、中肉中背)

同じDr.ASSYでもとんがりタイプは合わなかった

しかし、とんがりタイプを一週間履き続けた結果、

痛みが少しぶり返し始めました。

焦った私はインソールが豊富な靴屋へ駆け込みました。

そこで紹介されたのが

ABEOの立体型インソール

f:id:Breakoutdoor:20181113124018j:plain
f:id:Breakoutdoor:20181113124007j:plain
左から、Dr.ASSYとんがりタイプ+ABEOインソール、ABEOインソール単体

新品の写真が無いのが残念ですが、買った当時はそれは綺麗なキャメルカラーでした。

上記写真は一年半程使用した状態 。

五本指靴下を愛用している為足の形がくっきり 笑

特徴的なのは

  • 土踏まずにラウンド型のクッション
  • ヒールがカップ状
  • 全体的に高反発
f:id:Breakoutdoor:20181113123956j:plain
f:id:Breakoutdoor:20181113123946j:plain
土踏まずのクッションとカップ状のヒール

f:id:Breakoutdoor:20181113123935j:plain

立体的なフォルム

カップ状のヒールがかかと位置を矯正する事で痛みを軽減するそうです。(店員談)
土踏まずのクッションがどう足にいいのかは不明のままですが、

足が靴の中で暴れるのを防いでくれるので、靴が足についてくる感覚があります。

また母指球直下にクッションがあるためつま先での踏ん張りがより利きます。

このABEOインソールを使用してからは痛みが軽減され、

ラウンドタイプに近い満足感が得られています。

写真の通り、そろそろ買い替えの時期なのですが、

いかんせん高い!確か8,000円位しました。

背に腹は代えられないしお陰様で痛くなくなったのも事実ですが、

他のインソールも試してみようと思っています。

現在気になっているのが

フォームソティックスのインソール

ランニングシューズ用のインソールのようですが足の痛みに効果があるようです。

現にアキレス腱炎の方や私の様に足裏に故障を抱えているランナーに支持されています。

金額も5千円前後とABEOよりも安いです。

形状の立体的で俺のABEOにそっくりだ!

フォームソティックス Formthotics Sports インソール Run Dual 赤/青 Sサイズ 24.5-25.5cm

気になるのは土踏まずのクッションが無いのが凶と出るか、吉と出るかだけですかね。

いずれにせよ新しいインソールを購入する必要があるため、

購入後にDr.ASSYとんがりタイプと組み合わせて後日レビューしたいと思います。