アウトドア好きパパと自然が苦手なママの人生いろいろ育児ブログ

アウトドア派VSインドア派。相対する趣味を持つ夫婦の育児ブログ。たまに人生について考える。

Dr.ASSY まるでスニーカーの様な履き心地のビジネスシューズ。かかとが痛い人向け。痛みがなくなることはないが他の靴よりは大分ましです

Dr.ASSYこそが至高のビジネスシューズ

革靴って硬いですよね?特にビジネスシューズは硬いしヒールが高いしで何かと歩き辛い。商社営業の私は流石にスポーツシューズで営業回ることもできず、窮屈で歩きづらい革靴を履かねばなりません。

私はカカトの故障を改善する為に、足裏本来の機能を取り戻すメソッド:ベアフットランニングを生活に取り入れていますが、革靴はこのコンセプトに噛み合いません。

www.takeabreakoutdoor.com

www.takeabreakoutdoor.com

 

ベアフットランニングに適している靴の特徴

ゼロドロップ

ゼロドロップとは爪先と踵の高低差がゼロのシューズを指します。ヒールが高くない為、ヒールストライク(踵着地)を避け、足裏全体で着地するようにシフトし着地の衝撃を足全体で分散するため、間接への負荷が軽減され故障し辛いと言われています。

柔らかい

硬いと足裏のアーチがうまく使えず足裏本来の力を発揮できません。足裏に限らず筋力の低下は故障や腰痛などの関節痛に関係してきます。健脚を維持したいのならば硬い靴は極力避けましょう。

幅広フォアフット

フォアフットにゆとりができると足指が自由になり、グリップ力が上がったり、着地時の衝撃を軽減したりとより力強く、そして疲れ辛くなります。満員電車に乗っててつり革もつかめないことがありますよね。揺れを両足のみでこらえるとき足指に力が掛かってませんか?あの要領です、フォアフットにスペースができると意識して足指で地面を掴むように歩くことが容易になります。

軽い

ベアフットランニングは裸足でのナチュラルな走りがコンセプトなので軽いほうが何かと都合がいいです。

重い靴をしっかり履きこなせる筋力が有れば話は別ですが、そうでない場合が殆どです。必然と最省力で歩く癖がつき、踵から着地したり、歩き方に弊害が出る可能性もあります。重い靴を履く場合はウェイトなどで徐々に慣らしましょう。

一方でビジネスシューズは。。。

  • ヒールが高い
  • 硬い
  • 足指が窮屈
  • 重い

 ベアフットランニングのコンセプトとはとはかけ離れていますね。

しかし営業で毎日2万歩歩くので革靴の不快感は無視できず、なるべく足に負担が掛からない革靴を探して実際に履いて検証を重ねた結果現時点、ベストはDr.ASSYでした。

Dr.ASSYの特徴

軽い

革靴とは思えないほど非常に軽いです。厳密には本革ではありません。フェイクレザーです。片足約350グラムです。ワオ!靴底にポリウレタンを採用することでスニーカー並みの軽量性を実現しました。

柔らかい

最初から柔目ですが、履いてるうちに更に柔らかくなります。あなたの足の形にフィットしてきます。

幅広デザイン

EEEE対応なのでフォアフットが窮屈でないです。特にフォアフットがラウンドデザインのタイプは足指が自由になります。難点はデザインでどうしてもできる営業って感じには決してなりません。私はリピートし購入しましたが二足目はフォアフットがシャープなタイプにしてみました。こちらも同じくEEEEですが若干窮屈です。履いてるうちに伸びることを期待してます。

f:id:Breakoutdoor:20180829004112j:plain
f:id:Breakoutdoor:20180829004102j:plain

左が一年履いたラウンドシェイプのDr.ASSY、右が新調した先っぽシャープなアッシー。

Dr.ASSYは二種類の形状から選べます。私の履いていた初代はフォアフットがラウンドシェイプデザインでよりスニーカーに近い履き心地ですが、見た目がビジネスシューズっぽくないです。

もう一方の今回私が購入したつま先がシャープなデザインのほうは、見た目がビジネスシューズっぽいですが少し足指が窮屈です。ヒールも高めなので履き心地は前回のほうが良かったです。

通常の靴より大きめにできているのでいつも履いてる靴の0.5-1.0cm落として履いた方がいいかも。自分は通常26.5cmですがアッシーは26.0でも若干大きいです。

防水透湿

ゴアテックス使っているわけではありません。シューズの裏の中央に大きなメッシュの穴が空いていてそこで換気します。インソールにも穴が開いていてシューズ内の蒸れを適度に排出します。

f:id:Breakoutdoor:20180829004257j:plain
f:id:Breakoutdoor:20180829004131j:plain

気になる点

柔らかさ

柔らかさはそのまま欠点にもなり、時間と共によれてきます。またアウトソールも柔くて軽い分減りが早いです。一年でツルツルになりました。(毎日2万歩歩くからですが)

f:id:Breakoutdoor:20180825204447j:plain
f:id:Breakoutdoor:20180825204436j:plain
浸水する

換気用の穴部は防水性ゼロですので、水たまりを踏むとドンドン浸水するので注意。

また経年劣化とともにアッパーとミッドの継ぎ目からも浸水するようになってきます。耐久性に難ありです。

 

なんとも一長一短あるシューズですがメリットがデメリットを遥かに凌駕します。故障者でベアフット信者の私としてはDr.ASSYがベストビジネスシューズです。

 

それでも他社のビジネスシューズよりも圧倒的な履き心地なので満足しています。

[ドクターアッシー] ビジネスシューズ メンズ ブラック 26.0cm

[ドクターアッシー] ビジネスシューズ メンズ ブラック 26.0cm