栄光のエクソダス Break out to Glory

紆余曲折を経て二児のパパとなった三十代後半のサラリーマン父ブログ

ボルダリングのすすめ ムーブを覚えるとワンランク上の課題に挑戦できます。何より見た目が格好いい! 足さばきと体の動き

ボルダリング ムーブ紹介

私は怪我のリハビリと筋トレ目的でボルダリングを始めたのがきっかけだったので、ムーブは特に気にしない生粋の正体師(正体で登る人のこと)でした。目的の筋力アップとリハビリの効果は充分ありましたが、正体師のままでは登れない課題が出てきます。何より登り方も初心者丸出しでそろそろ格好良く見せたい時期でした。ムーブを覚えることで今までクリアできなかった課題ができるようになり、また登り方の見た目も良くなります。

 

踏み替え・乗せ替え

足場が少ない時、横移動時、重心を移動するとき、足場のホールドが小さく一足分しか乗らないが、右足と左足を乗せ換えたい場面が出てきます。その時活躍するのがこのムーブです。方法は2パターンあります。

1もともと置いてある足の上に反対の足を重ねる→下の足を抜き取る

2一瞬小さくジャンプ→その瞬間に足を入れ替える

1は2より入れ替えに時間がかかるので保持力を消費しますが確実です。

一方2は素早く行えるがセンスが必要なので慣れないうちはよく落っこちます。

初級から使用するムーブです。足自由課題ならあまり使われないムーブですが、ボルダリング課題の9割は足限定です。

f:id:Breakoutdoor:20180814220534j:plain
f:id:Breakoutdoor:20180814220525j:plain
f:id:Breakoutdoor:20180814220516j:plain
足載せ替え 重ね式

ダイヤゴナル

別名カウンターバランス。クライミングは基本三点支持ですがボルダリングは二点支持が多いです。三点支持とは右手・左手・右足・左足のいずれか三点で支持し残りの一点でホールドを取りに行きます。二点支持は片手片足でバランスを取ります。ダイヤゴナルは左手と右足、もしくは右手と左足、と左右対になった手足で二点支持し、空いた手でホールドをとるムーブです。その際宙ぶらりんの方の足は伸ばして壁に付け、体が壁から剥がれないようにバランスを取ります。ホールドの位置によりますが二点支持の方が安定する場面があり、且つスムーズです。こちらも初級から使います。

f:id:Breakoutdoor:20180812062419j:plain
f:id:Breakoutdoor:20180812062409j:plain
f:id:Breakoutdoor:20180812062400j:plain
ダイヤゴナル

 

フラギング

ダイヤゴナルと理論は一緒です。手足の組み合わせがダイヤゴナルと逆で、左手足、もしくは右手足で二点支持し余った手でホールドを取ります。宙ぶらりんの方の足は支持してる足にクロスして反対側に伸ばしてバランスを取ります。かぶりの課題で比較的使います。通常フラギングはアウトサイドフラギングを指し、インサイドフラギングは宙ぶらりん側の足を支持している足と壁の間にクロスして通して伸ばすムーブです。インサイドフラギングはレアですがどっかぶりの課題で使うことがあります。ダイヤゴナルと違ってフラギングは足の入れ替えが省略できる場面がありスムーズにムーブできます。

f:id:Breakoutdoor:20180812062351j:plain
f:id:Breakoutdoor:20180812062341j:plain
f:id:Breakoutdoor:20180812062759j:plain
フラッギング

キョン

別名ドロップニー

文字通りひざを落とし、下半身を安定させるムーブです。特にかぶりなど傾斜課題で使いますが、上手く決まると両手を離してレストが出来ます。しかし無理するとひざを壊す諸刃の剣。

右手上方のホールドが取りたい場合、右足をやや体から離れたホールドに母指球から着地する。母指球を支点に右足ひざを内側に捻り込み下向きに落とす(ドロップニー)。ひざが落ちたら母指球→つま先の力で突っ張る。この時足裏を目視できるくらいの位置まで捻り上げます。こそして両足を外方向に突っ張ることで下半身がロックされます。あとは上半身を右に捻り(右肩を壁につける感じで)ホールドに手を伸ばします。

写真だと無理やりキョンした感じなのであれですが、左足を左にもっと開いた状態でやるとより下半身がロックされます。

f:id:Breakoutdoor:20180812062750j:plain
f:id:Breakoutdoor:20180812062740j:plain
f:id:Breakoutdoor:20180812062731j:plain
キョン

ツイスト

文字通り捻ります。コツは腰を壁に擦り付けるように。大袈裟にやった方がコツを掴みやすいです。腕は伸ばして重心を落とす。腕は決して曲げないことがポイントです。つま先と一緒に体を捻ります。ツイストを覚えると格段にボルダリングが上達します。捻る際に腰、ももを壁に擦り付けてひざを少し落とすことで下半身を安定させることができます。めざせツイストマスター。

f:id:Breakoutdoor:20180812063100j:plain
f:id:Breakoutdoor:20180812063050j:plain
f:id:Breakoutdoor:20180812063041j:plain
ツイスト

ヒール

かかとを胸位置位のホールドに引っ掛けて体を引っ張り上げて乗り込むムーブです。かかとを支点に乗り込むのでボルダリングシューズの〇ッドチリの安価シリーズはヒール部のラバーが薄いためやってて痛くなります。また乗り込む際にひざ裏と裏ももに負荷がかかるのでやり過ぎに注意しましょう。何人か痛めたクライマーを知っています。(私もその一人だったりします)。

f:id:Breakoutdoor:20180812063032j:plain
f:id:Breakoutdoor:20180812063022j:plain
ヒール

ハイステップ

腰くらいの位置のホールドに乗り込みながら上方のホールドを取りに行くムーブです。勢いをつけて一気に駆け登ります。

f:id:Breakoutdoor:20180812063525j:plain
f:id:Breakoutdoor:20180812063516j:plain
f:id:Breakoutdoor:20180812063507j:plain
ハイステップ

ムーブは足捌きと重心移動が重要となります。マスターすれば腕力無しでも課題クリアできるようになります。ムーブでは特にダイヤゴナルとツイストが重宝します。目指せツイストマスター。ムーブ、指の力、柔軟性、減量とバランスの良いクライマーを目指して頑張りましょう!

 

ボルダリング基礎編 これから始める人へ

www.takeabreakoutdoor.com

 

ボルダリングとケガ予防

www.takeabreakoutdoor.com